ふくさって何?必要なの?ココで買えるおすすめのふくさもご紹介♪

結婚式に出席する際にご祝儀を包む「袱紗(ふくさ)」。
聞いたことはあるけど、実際にどうやってつかったらいいのかわからない!なんて人も多いのでは?ふくさの種類・包み方などおすすめのものを紹介します*

2018.3.31 公開 2018.3.30 更新 お金・段取り

ふくさって何?(そもそも必要なの?)

結婚式のご祝儀など、大切な贈り物を包むときに使うのが「ふくさ」です。

結婚式だけではなく、お葬式のご香典も包みます。

ふくさは、金封を贈るときに使う包み布のことで、現在はシルク製のものが多いそうです♩

ふくさの意味

袱紗(ふくさ)は、もともとは大切な贈り物を日光や埃を避けて届けるために使われていた包みだったそうです。贈り主の「きれいに届けたい」という気持ちのこめられたものなんですね♡現在も意味は変わらず「大切なご祝儀/ご香典に汚れや折れ目がつかないように」するために使われています。

また、贈り主のきれいに届けたいという気持ちが反映されることから、「金封を届ける際の礼儀・マナー」として考えられています*

ふくさは必要?

金封を贈る礼儀として、ふくさで包むときちんとしていると見られます♡*

でも、もしふくさがなくても焦らなくて大丈夫!

きれいなハンカチで包んで持っていけば「きれいに届ける」役割は果たしてくれます。

結婚式やお葬式で、ふくさを使う機会は案外少なくありません。

もし招待されたら結婚式までに時間のある方は、ふくさを用意しておくことをおすすめします。

ふくさの種類は4つある!!

ふくさの種類は「自分で包むタイプ」と「はさむだけのタイプ」の大きくふたつありますが、

その中でもさらに4種類に分かれます!種類別にわかりやすくご紹介します*

手ふくさ(自分で包むタイプ)

45cm~60cm程度の大きさの風呂敷のことを「手ふくさ」といいます!

裏地があるものは「袷ふくさ」と呼び中身が透ける心配がなくしっかり包むことができます。

ご祝儀やご香典を渡した後に小さくたためてかさばらないのがいいですね♡

台付きふくさ(自分でつつむタイプ)

ご祝儀やご香典に折れ目がつかないように台の付いたふくさです。もともと最も一般的だったのがこのタイプなのだそう♩台の表裏を変えることで、慶弔どちらでも使えます。

飾り結びふくさ(自分で包むタイプ)

飾り紐が付いているタイプで、ご祝儀やご香典の大きさに応じて包めて、紐で締めるから型崩れもしない優れもの*華やかで、お祝い事にもぴったりです♡

金封ふくさ(はさむタイプ)

ご祝儀やご香典をはさむだけのブックカバータイプのふくさです。

開き方で、慶弔の使い分けをします*包み方を悩む心配もなく、一番簡単なのがこのタイプです♡

シーン別ふくさの色を選びましょう♡

結婚式とお葬式では、使えるふくさの色が異なります。お祝い事とお悔やみ事でふくさを使い分けましょう。

結婚式には暖色系

慶事には、赤・オレンジ・ピンク・えんじ色のふくさを使いましょう*赤系統のお色味は喜びを表すそうなので、お祝い事にぴったりです。柄も豪華なものやカジュアルなものなど、選ぶのが楽しくなるものばかりです♩

お葬式には寒色系

弔事には、青・紺・緑・グレー・黒色のふくさを使いましょう。青系統のお色味は悲しみを表します。お悔やみの際には派手なお色味は避けましょう*

どちらでも使える紫

ふくさを初めて買う方におすすめなのが、紫です。慶弔時で色分けしなければならないふくさですが、実は紫だけはどちらでも使えます*1つで二役果たしてくれる優れものがあると心強いです。紫色のふくさを1つ用意しておくと、安心ですね♩

ふくさの包み方

ふくさの種類とシーンによって、包み方や開き方に決まりがあります*タイプ別にご紹介します!

手ふくさ・台付きふくさ(自分で包むタイプ)

慶事と弔事では包み方が逆です。片方覚えれば案外簡単に包めるので、是非覚えちゃいましょう♩

慶事の場合

① ひし形上に、ふくさを開く

② ふくさの中央から少し左に金封を置く

③ ふくさの角を左→上→下→右の順に折りたたむ

④ はみ出した部分を内側に折る

結婚式用は、全て左からスタートが基本のようですね♡*

弔事の場合

① ひし形上に、ふくさを開く

② ふくさの中央からやや右に金封を置く

③ ふくさの角を右→下→上→左の順に折りたたむ

④ はみ出した部分を内側に折る

お葬式のときは、全て右からスタートになります*

 

金封ふくさ(はさむタイプ)

◇慶事(結婚式などのお祝い)の時は右開きになります。お見舞いの際も右開きです。

◇弔事(お悔み)の時は左開きとなります。

ここですぐに買える♡色別おすすめのふくさ12選

早速自分にぴったりのふくさをみつけちゃいましょう♪

暖色系*

慶事に使える暖色系は華やかなデザインが多いです♡お花柄やレースなど女性におすすめのデザインも豊富ですね!

赤系統

ハンドメイド作家さんのちりめんふくさは華やかでとっても可愛い♡*

⇒購入はこちら

オレンジ

シンプルなデザインで長く使えますしお値段もお手頃価格♩

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金封ふくさ 無地二重ちりめん 送料無料
価格:1260円(税込、送料無料) (2018/3/30時点)

ピンク

 

こちらは人気アクセサリーショップAnemoneのもの。ショッキングピンクにパールがおしゃれでドレスにも合いそう♡

⇒購入はこちら

 

パステルピンク

ミッキーとミニーの刺繡が入ったデザイン♡ディズニー好きさんにおすすめです!

 

えんじ

 

Amazonでもこんなに可愛いふくさが買えちゃいます。1000円以下で、お財布にも優しいです*

寒色系*

弔事に使用する寒色系は、落ち着いたデザインが豊富です。

デザインによっては慶弔両用できるみたいで、夫婦でも使いやすいですね♩

【商品名】

おしゃれな文房具屋、伊東屋でもふくさを買えます*金封が2つも入れられるので、夫婦でお呼ばれされたときにも便利ですね。

⇒購入はこちら

ネイビー

こちらは楽天で買えるものです。細身のデザインで、男性のスーツの内ポケットにも入るそう♡

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便送料無料】男性用ふくさ コンパクト スリム
価格:1387円(税込、送料無料) (2018/3/30時点)

 

 

*

数珠専門店でもふくさが買えます。高級感があって、いつまでも使えそうですね♩

⇒購入はちら

グレー

伝統工芸品のお店でもふくさが売っています*丁寧な日本の技術が感じられて、とても上品です。

⇒購入はこちら

がま口専門店AYANOKOJIのふくさは少し個性的*エレガントな黒生地にがま口がさりげなくおしゃれです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がま口ふくさ【サテンレース】| 金封ふくさ あやの小路
価格:3888円(税込、送料別) (2018/3/30時点)

 

万能カラー

むらさきのふくさならいろいろなシーンで使えてとっても便利ですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイントアップ】金封【ふくさ】紫色
価格:798円(税込、送料無料) (2018/3/30時点)

 

薄紫

 

薄紫は女性でも使いやすいカラーですね

 

これであなたもマナー上級者♡

いかがでしたか?ふくさを使うことは、贈る心を伝える大人のマナーです*

高級ふくさ、そしてハンドメイドのふくさまで、色々なところで購入可能なので、是非お気に入りを1つ用意しておきましょう♡


Yuka Fushitani

大阪在住。2018年9月挙式予定♡イギリス大学院留学☞美容業界勤務を経て、現在新米専業主婦兼プレ花嫁奮闘中。プレ花嫁さんのお役に立てるよう、情報発信していきます*instagram➠@w_d__ng


TOP画像出典: blesswedding.jp