顔合わせ・結納の支払いは誰がするの?

2016.10.26 お金・段取り

結婚前の大切なイベントである結納・顔合わせ食事会。費用の負担はどちらがするのか?タイミングは?など疑問を解決すべく、まとめてみました!これから結納やお食事会を控えているプレ花嫁様必見です♪

結婚が決まったら、顔合わせと結納ですね♡

出典:http://2chou.jp

結納や顔合わせが具体的に決まり、その日に向けて事前に準備はしっかりしておきたいですよね!
準備をしている中でお支払いはどのようにしたらいいのか、疑問に思う方もいらっしゃるのでは?
そこで、これから結納や顔合わせをおこなう方の参考になるように、いくつかのポイントをまとめてみました♪

顔合わせ食事会・結納を復習!

顔合わせ食事会

出典:https://pinimg.com

近年正式な結納をするカップルは少ないようで、顔合わせの食事会がほとんど。
一般的にレストランの個室を会場に両家の家族で行います。

まず両家に形式的な結納をしないことを確認したあと、食事会で何をしたいのか話し合いましょう!
「結納という儀式は行わなくても結納金は渡したい」という場合や、「婚約記念品の交換セレモニーを取り入れたい」という場合もありますし、顔合わせして食事会をするのみということもあります。

お二人だけでおこなうものではないので、ご両親の意向もしっかりヒアリングすることをお忘れなく♪

親が遠方から来る場合は?

出典:https://pinimg.com

一方が食事会を負担し、一方が交通費の半額と宿泊代の全額を負担するのが一般的。
当日支払いで揉めたりしないよう、事前に打ち合わせをしておきましょう。

結納

出典:http://gnavi.co.jp

結納とは、結んで納めるという字の通り、両家が親類となって「結」びついたことを祝い、贈り物を「納」め合うということです。地域によってやり方が違い、結婚式の3~6月前に行うのが一般的です。

正式結納は、仲人が両家を往復して9品の結納品(目録)や結納金を届けるスタイルで、地域や家のしきたりがある場合はこの方法を取る場合があるようです。

略式結納は両家がどちらかの家やホテルなどで結納を交わすスタイルで、結納品の数も減らします。

最近は仲人なし、記念品として婚約指輪を送る「略式結納」が主流です。
関東式や関西式などその地域による場合もあるので、必ず両家に確認しましょう。

気になる!結納の支払いはどうするの?

出典:https://pinimg.com

結納は招いた側が支払いをするものなので、女性側の家に男性が来て行う場合、女性側の支払いになります。
婿養子など女性側が男性側に赴く場合は、男性側の支払いになります。
直前になって揉めることのないよう、両家にきちんと確認しておきましょう!
遠方から来る場合は宿泊費や手土産なども準備しておきましょうね♪

先輩カップルはこうした!実体験をご紹介します!

彼と相談して、両親を招待するかたちを取りました。
もともとの目的が、「婚約記念品の交換に立ち会っていただくこと」と「婚約のご報告」であったので、すべて2人で準備し、費用に関しても2人でまかないました。

出典:http://ozmall.co.jp

お二人が食事会の費用を負担するというパターン。
結納ではなく、”婚約のご報告”という目的の食事会であれば、本人たちで支払うのも自然かもしれませんね。

顔合わせでしたが、結納に近い正式なものだったので彼の家が出してくれました。
お返しにということで、私の家でも実家に近い料亭で食事をごちそうしました。

出典:http://ozmall.co.jp

こちらの先輩カップルは、しっかりとご両家で分担していたようです。
正式なものであれば、どちらの家が負担するのかはしっかりと話し合って決めましょう。

両家とも古い考えで、結納の際の費用は招いた側である私の実家が負担した。
そのかわり彼は結納セット一式と何百万円もの結納金を持参して来てくれました。

出典:http://ozmall.co.jp

ご両家の考え方をすり合わせておくことがやはり大事!
お互いの両親に前もって確認をして、結納にするのか・顔合わせにするのか、負担はどうするのかを決めておきましょう。

支払のタイミングは?

出典:http://yuuma7.com

結納では決まりがありますが、食事会なら自分たちで支払うこともOK!
親同士が気を使わないように、本人達が支払ったというカップルも多いようです。
店側に事前に伝えておくとスムーズかも♪

支払ってもらう場合の御礼は?

出典:http://blogimg.jp

結納の場合は「結納返し」をすることになります。
正式な「結納返し」では、本来縁起のよい伝統的な「結納返し品一式」をお返しします。

現在では時計やスーツなどの記念品を結納返しとして送る場合が多いようです。

結納も食事会も、事前のリサーチが大切!

出典:http://how-to-inc.com

結納にするか食事会にするか、いろいろと選択肢があるなかで悩みがちですが、何よりも二人の意向と両家の考えをすりあわせておくことが大切!
事前に十分なコミュニケーションをとっておきましょう♪


mari

mari

2016年春に挙式予定。家族を大切にしたアットホームな式をめざしてます。


TOP画像出典: blesswedding.jp