ひと手間で劇的に可愛く変身♡結婚式招待状の封筒をDIYしてみよう!

2016.10.28 演出

結婚式の招待状を受け取った時に、封筒やデザインが素敵なものだと、それだけでワクワクしますよね♡そんな風にゲストに思ってもらえるような可愛い招待状にしたいと思いませんか?招待状自体のデザインにはこだわっているから大丈夫♪っていうそこのアナタも、封筒にもうひと手間加えてみませんか?オシャレなうえにオリジナリティも出せて、劇的に可愛くなっちゃうかも♡

その招待状、そのまま出すだけじゃもったいない!

招待状のデザインは可愛いものを選んでオーダーしたり、オシャレなデザインをDIYしたりとこだわっている人が多いと思います。
でも封筒までこだわっているカップルはなかなかいないのも事実・・・
そこで、せっかく決めたこだわりの招待状をさらにオシャレに見せるために、封筒にもひと手間加えてみませんか?
難しそうに思うかもしれないけど、とっても簡単に作れるエンベロープライナーを使って、劇的にオシャレな封筒にしちゃいましょう♡

開封したらすぐ胸キュン♡エンベロープライナーの魅力♡

オシャレなイラストで勝負♡

写真の右下が封筒♡封筒の内側が招待状と同じ柄になっています。
トータルコーディネートが可愛い♡

 

ナチュラルテイストな花柄は、アットホームなガーデンパーティーを連想させる♪

シンプルなのにオシャレなイメージに♡

筆で書いたようなラインがオシャレ♡色を変えたらポップなイメージにもなりそう!

モノトーンでまとめられたシンプルなデザイン♡シックなイメージにピッタリ♡

ビビットなピンクにストライプが映える♪

鉛筆についている消しゴムの部分を使ってスタンプのようにドットを付けて♡

ラグジュアリーに決めるならグリッター♡

ゴールドのメタリック感がパーティーへの期待感を高めてくれる♡

大人っぽさがぐっとUPするのはシャンパンゴールド♡

ピンク×シャンパンゴールドの組み合わせは大人可愛いの定番♡

スタイリッシュなイメージなら断然シルバーがオススメ♡

ネイビーとシルバーも相性抜群♡ワンランク上の招待状になりそう!

普通の紙だけじゃない!いろんな素材でオリジナリティを♡

ライナーは紙じゃなくてもOK♡ベロアのような起毛素材をチョイスすれば、それだけで一気にWinter Wedding♡

紙は紙でもレースペーパーを使えばこんなにスィート♡
使うレースペーパーによって雰囲気も変わります♪

どうやって作るの?

エンベロープライナーがどんなものかわかったところで、作り方をご紹介します♡
これを見ながらLet’s Try♡

*用意する材料*

・ガイド用の厚紙
・ライナーにしたいお好きな素材(紙や布など)
・封筒
・カッター or はさみ
・定規
・鉛筆 or シャープペンシル
・カッターマット
・のり

1.ライナーのガイド下書き

まずはライナーを同じ形にそろえるためのガイドを作るために、使用する封筒のサイズを厚紙に下書きします。
ダウンロードしたテンプレートをプリントしておくと簡単♡

2.ガイドをカットして形を整える

下書きした線にあわせて厚紙をカット♡

さらに切り抜いたガイドの下から約1.9cmと、左右を約3mmカットしたらガイドは完成♡

3.ライナーにしたい素材に下書きをする

完成したガイドを使って、ライナーにしたい素材に下書きをして、その線に合わせて切り抜きます♡

キレイに切れる自信がない人は、大まかに切り取ってから細かいところをはさみでカットすると上手く出来ますよ♡

裏返すとこんな感じ♪完成まであと少し♡

4.ライナーを封筒にセットする

使用する封筒の中にライナーをセット!

ライナーをのり付けして封筒に固定して、きれいに折り目を付けましょう♪

5.あっという間に完成♡

のりが完全に乾いたら完成です♡
乾くまで待てないという場合には、テープのりが簡単でオススメ☆
1度ガイドを作ってしまえば、後はライナーをカットして貼るだけ♡
慣れてしまえば簡単ですよ♪

ガイドのテンプレートはこちらから♡

あらかじめテンプレートとして封筒の形が出来ているテンプレートを使わない手はない!

■The Knot(海外サイト)
こちらのサイトでは作り方を解説している動画も見られます♡
ダウンロードはこちらから♡

■BLUSH&GRAY(海外サイト)
こちらはフラップ部分が四角になっているテンプレートや、すでにデザインされているものもダウンロードできちゃう♡
ダウンロードはこちらから♡

あなたならどんなデザインにする?

いかがでしたか?
思った以上に簡単な作業でこんなに可愛い封筒に劇的に変身♡
ライナーに選ぶ柄や素材でオリジナリティを出して、受け取るゲストをキュンキュンさせちゃいましょう♡


Rie

Rie

2015年春に都内のゲストハウスで挙式。ウェディングドレスコーディネーター・披露宴のサービススタッフとして働いていたので、その時の経験や自身の挙式の時に感じたことなどを発信していきたいと思っています。


TOP画像出典: blesswedding.jp