毎日がセレモニー…大切な人に囲まれたハワイ挙式【erik.a_b.ride___さん】モアナチャペル

2017.4.27 結婚式場

元々ブライダルモデルの経験があり、スタイル抜群の@erik.a_b.ride__さん。両親と親友だけの大切な人に囲まれたハワイ挙式を行いました?ウェディングドレスにとても拘りを持ち、遠方まで試着に行き運命のドレスを決めた経緯等をインタビューしました。

一生忘れられない憧れの膝まづきプロポーズ

編集A:ブライダルモデルもしていてインスタの花嫁のみなさんからもとても人気のあるえりかさん(@erik.a_b.ride__)お二人の出会いからプロポーズまでを教えて頂けませんか?

erik.a_b.ride___(以下E):出会いは同じ会社です。 プロポーズは私の誕生日でした。 ホテルで食事をした後にそのホテルのチャペルで膝まづきプロポーズをしてくれました。 その後は内緒で予約をしてくれていたそのホテルのバーに行き、サプライズで誕生日ケーキとスイートルームのカードキーが出てきました。そしてお部屋で彼が作ってくれたサプライズムービーを見ました。サプライズづくしのプロポーズでした、初めから結婚式は絶対したいと思っていました。

編集A:とっても素敵なプロポーズですね!!結婚式は絶対にしたいというお気持ちは旦那様も同じでしたか?

E:はい、同じでした!私が結婚式のお仕事を好きなこともわかっていましたし、結婚式をしないという選択肢はないと思っていたと思います。とても自然な流れで結婚式は決まりましたね。私自身は仕事では自分の好みのドレスは着れないので、早く着たいドレスが着たいと強く憧れを抱き始めたきっかけとなりました。

毎日がセレモニーのようなハワイ挙式

編集A:えりかさんはハワイで挙式をされていましたが、ハワイ挙式は当初からしたいと思っていたんですか?

E:実はハワイには結婚式の時に初めて行ったんです。でも以前からハワイ挙式に憧れがあったのですぐに決めました。それに夫婦での旅行ではこの先、何回も行けるだろうなと思いますが、両親と親友、私の大好きな人たちと一緒に旅行に行くということは、これからの人生にないだろうなと思いがありましたね。

編集A:確かに結婚式ではないとなかなか一緒にということは難しいですよね!大好きな人たちと憧れのハワイで過ごす時間はとても楽しそうですね。

E:そうなんです!私にとっては新婚旅行も兼ねていたので毎日がセレモニーのような感じでした。一緒に行った私の両親、親友二人にものんびり誰にも気を使わずに楽しんで欲しいという思いがありました。

編集A:海外だと会場選びや打ち合わせが大変なイメージもありますがどうでしたか?

E:会場探しは旅行会社や大手ウェディング会社で探したりしました。その中でHISのアールイズウェディング経由でモアナチャペルを見つけて古風な外観と真っ白な外観に一目惚れして即決したんです。とても伝統と歴史があり、数年後も数十年後も存在し、思い出の場所が永遠になくならないでほしいという想いと私たちに将来子供が生まれたらここで式を挙げたんだよと連れて行きたいなという想いもあり、モアナに決めました。挙式後の食事会場はバルコニーからの景色が一面海の見晴らしが良い8階のお部屋を選びました。

編集A:将来のお子様のためにもというお考えとても素敵ですね。

運命のマーメイドは約20箇所の試着で出会った

編集A:ウェディングドレスがとてもお似合いでしたがマーメイドは初めから決めていたんですか?

E:背が高いので絶対にマーメイドと決めていたのですが、ハワイという場所柄もあり、普通のマーメイドだと何だか寂しいと思っていたので少し変わったデザインを探したので時間がかかりましたね。

編集A:マーメイドは憧れがあっても、なかなか着こなせないデザインなのに見事に着こなしてますよね!ドレス探しはどの位時間をかけたんですか?

E:とても時間がかかりました(笑)提携内はもちろん提携外も含めて20箇所くらいは試着に行ったかと思います。ドレスの試着は1回で3、4着位しか試着が出来ないので広島中のドレスショップを回ったり、大阪や神戸のショップにも行きました。もう毎週末ドレスショップに足を運んでいました。

編集A:毎週末!!お仕事もしながらだととても大変ですよね!運命のドレスにはいつ頃出会えたんですか?

E:1月です。式の1ヶ月前に出会えました。

編集A:1ヶ月前ですか?焦りはありませんでしたか?

E:正直ありました(笑)一応キープとして別のドレスを見つけていたのですが、式で着用したアイリーナさんで見つけたロサクララのドレスは上はマーメイドで大人っぽく、下は可愛くハワイらしいところに惹かれてこれだ!と思ったんです。私たち夫婦は少し変わり者なんです(笑)人と同じじゃつまらない!極力被らない個性的なドレスがいい!!という考え方なので決め手は「このドレス変わってる〜!」です!(笑)

編集A:ご夫婦揃って考えが似ていて楽しそうですね(笑)

準備に大切なのは優先順位!何を1番にするかが大切!

編集A:結婚式の情報はどのようにしましたか?

E:主にインスタです。 maryyさんやアプリはウェディングニュースさんを利用して、 雑誌はゼクシィを1度購入しました。

編集A:インスタは今は結婚準備に欠かせないアイテムになっていますね!

E:情報を集めるほど見るもの全てがいいなと思ってしまって、何を優先順位におくか始めは考えられなくなっかったんです。ドレスはマーメイドと決めていたんですが、トレーンが長いものでマーメイドは無い事がわかり、マーメイドが着たいのか、それとも階段でトレーンの撮影がしたいのかという所から優先順位を付けていく事が大切だとわかったんです。そこからどんどんやりたい物を絞れるようになりました。金銭感覚がどうしてもおかしくなってしまうので優先順位はとても意識しました。

編集A:優先順位はとても大切ですよね!以前からインスタは使っていたんですか?

E:元々普通にインスタをやっていたのですが、ドレス試着しにいくようになって試着風景を投稿していたら、他の花嫁の皆さんとコミュニケーション取れたので通常アカウントを花嫁アカウントにしました。写真のポーズや、アクセサリーを探すのにとても役立ちました。

テーマはシンプルに大人の結婚式

編集A:演出等は何かされましたか?

E:あまり演出はしていないんですがウェディングケーキを用意して、あと全員分式で着用して貰う衣装を用意しました。みんなで統一感を出したかったので、ブライズメイドは少しくすんだ落ち着きのあるピンクのドレスを用意して、両親のアロハはシックなネイビーにしました。

編集A:全員が統一感出せる結婚式はなかなか出来ないので、とても素敵です!会場装飾とかはどうでしたか?

E:私たち夫婦揃ってシンプルな大人な結婚式がしたかったので、会場装飾やDIYはほとんどしませんでした。なのであまり準備はなく、手紙を書いたりぐらいです。ただ、みんなにも何かしら思い出に残る物をと思い、席札はインスタで探して全員分の名前が入ったフォトプロップスを用意しました。なかなか名前入りは見た事ないので喜んで貰えて嬉しかったです。

編集A:名前入りプロップスはとても良いですね!なかなか自分では作らない物ですし、思い出にも残りますね!

E:親友二人には事前に会場装飾はほとんどしないという事を告げていたんですが、当日サプライズでウェルカムボードや花びらの用意や新郎と協力してムービーも作ってくれていたんです!あまりにも驚いて泣いてしまいました。

編集A:素敵なサプライズですね!

E:親友二人も家族のような二人だったので、本当にとても嬉しかったです。

編集A:逆に何かハプニングとかはありましたか?

E:ありました!元々キャンディバーをしたかったのですが費用がかかるし、ウェディングケーキもあるのでわざわざ用意しなくてもいいかなと思っていたんです。そんな時にマグノリアベーカリーのウェディングケーキを注文すると周りにカップケーキが用意されて華やかになる事を知って注文をしていたんです。なのに式の半月前に突然お店が閉店するから式に出せないと言われてしまって。。。

編集A:半月前に突然!!それはショックですね・・・。

E:はい。でも閉店してしまうなら仕方ない事ですし他のケーキを用意してもらって当日を迎えました。


E:あと!これから式を迎える花嫁のみなさんにベールに気をつけてとお伝えしたいです!

編集A:どういう事ですか?

E:式本番の時に初めて母にベールダウンをしてもらったのですが、ベールがストンと顔にかかるデザインだったんです。マツエクをしていたんですが、まつげがベールの重み?で上がらずベールアップして貰うまでずっとうつむくような状態で顔を上げられなかったんです(笑)

編集A:それは経験者ではないとわからない事ですよね(笑)確かにベールに気をつけてと伝えたいですね!

編集A:費用面で工夫した事はありますか?

E:費用をかけたのは一生残る写真関係です。アルバムも1番グレードの高い物を選び、撮影内容もイレギュラープランとなりました。式当日の始まる前の撮影だったのですが、どうせ撮るなら少し足を伸ばして綺麗なビーチで撮影したかったので遠方まで行ったんです。その分、朝が早くて大変でしたが、撮影がとても楽しかったので大満足でした!事前に5カット程、指示書のようにプリントアウトしてカメラマンさんにお願いしたりもしました。

編集A:結婚式は費用面を考えるとあれもこれもとやってしまうと大変な事になるので、先ほどおしゃっていたように優先順位ってとても大切ですね。

E:そうなんですよね。出席者がアットホームな少人数なので出来た事かも知れませんが、会場内はほとんど何もせずムービーもしないで、その分を写真に回しました。

海外挙式ならヘアメイクリハ絶対!!

編集A:海外挙式でよくある失敗談でヘアメイクがあげらるのですが、えりかさんはどうでしたか?

E:不安があったので、ヘアメイクリハを現地で行いました!ヘアスタイルは準備期間中に沢山情報を集めてこれと思うスタイルを見つけてお願いしました。
ヘアメイクリハは追加料金がかかったりしますが、絶対にやった方がいいですね。事前に担当のヘアメイクさんとコミュニケーションも取れた事がとても大きかったです。好みもあるので難しい部分ですが、事前に会ってイメージの擦り合わせができた事で当日の不安はなくなりました。

編集A:実際にお話を聞くととても説得力がありますね!是非ごれから海外ウェディングを希望している方に参考にして欲しいです。準備中に美容面で気をつけた事やエステ等には行かれたんですか?

E:エステは通わなかったですね。少し休憩していたネイルをして、シェービング、マツエクをした位です。ただ、ドレスがマーメイドなので体型の変化にとても気を使いました。毎日食べる量と時間を同じにしたり、体重計は毎日乗って体型を維持していました。もともと間食はしなかったので、食事内容を気をつけるという事を意識していました。

編集A:マーメイドは体型が目立つので大変ですよね。当日のヘアメイクのポイントはありますか?

E:腕に蝶々のボディシールを貼っていたんです。蝶々は一度つがいになると一生添い遂げるという意味がある事を知りとても素敵な由来だったので当日ポイントとして付けました。

編集A:結婚式にそういった意味合いを持たせるのはとても素敵ですね!

実は結婚願望なかったんです・・・!?

編集A:結婚式を終えて率直な感想を聞かせてください。

E:実は私、結婚式関連の事にはとても興味があったんですが、結婚願望は全くなかったんです(笑)できるだけ結婚は遅くていいやと思っていました。実際婚約をした時に周りに驚かれました(笑)。「結婚」したくてしたというよりは、好きな人に結婚しようと言われ、この人とはこの先も付き合っていきたい、そんな人が結婚しようと言ってくれる。だから「結婚」という選択肢を選んだだけなんです。でも不思議なもので、挙式を終えると一つの家族になったんだという風に強く感じました。きっと結婚式という一つの物を、初めて一緒に創り上げるからでしょうか?この人に選ばれて幸せだ、この人を選んで間違いなかったと思いました。それにベールダウンとかひとつひとつ意味があることを知り、結婚式をしてとても良かったと思いました。この気持ちを永遠に忘れずにずっと仲良し夫婦でいれるように努力していきたいですね。ひとつの区切りとして結婚式はやった方がいいと思いました。両親も私は結婚はまだ先だと思っていたので報告した時は驚いていたいましたが、とても喜んでくれました。

編集A:みなさんの前で式をするという事は良い区切りになって少し気持ちも変わりますよね。最後に今結婚準備中のプレ花嫁の皆さんにアドバイスをお願いします!

E:自分自信と向き合うことが大切だと思いました!ドレスも式場も自己分析をしないと私は決められなかったので、全力で自分と向き合ってみてください! そして準備期間も含め一生に一度の最大のイベントです。思いっきり楽しんでください♪

編集A:素敵なお話をたくさんありがとうございました!

erik.a_b.ride__さんのインスタはこちら


asami

asami

元ウェディングプランナー。ウェディングの世界観が大好き!結婚式をする人がみんな世界一幸せな1日を過ごせるようお手伝いします。