《花嫁インスタグラマー》が初のドレスプロデュース?完成までを追います。vol.1

2017.1.23 特集

今回、THE DRESS ROOMさんとウェディングニュース公式ミューズがコラボしてオリジナルウェディングドレスを作る企画がスタート!花嫁インスタグラマーがドレスをプロデュースすることは日本初!オリジナルドレスを製作することになったのは、4名のミューズ達。それぞれ各一着ずつこだわりのドレスを作る過程を追っていきます。

4a6a4148

4a6a4146

「自身のウェディングドレスをプロデュースしてみたい!」そんな気持ちは、結婚式を挙げた花嫁さんなら誰もが憧れることなのではないでしょうか?ウェディングニュース公式ミューズ達が今回THE DRESS ROOMさんとコラボしオリジナルのウェディングドレスを作成することに決定!

感度の高いこだわりのある結婚式を挙げ、たくさんのウェディングドレスを試着してきたミューズ達が考えるドレスはどんなドレスなのかこちらまでワクワクします。

彼女たちのセンスがたっぷり詰まった特別な一着はどのようにして出来上がっていくのでしょうか。

THE DRESS ROOMって?

ナチュラル派花嫁に圧倒的支持を誇るTHE DRESS ROOM。

“自分らしくいられるドレス”をコンセプトに作られるドレスの数々はナチュラルながらにも女性らしさがあり可憐な雰囲気。南青山と心斎橋に2店舗ございますが、全国から試着にお客様が訪れるほどの話題のドレスショップです。

main01

ウエディングを、着がえよう。

? スタンダードなウエディングではなく、心のままに、自由な選択を ?

デコラティブすぎず、定番すぎず。花嫁が本当に、自分らしくいられて、大好きになれる。そんなドレスをお届けしたい。それがこのブランドをはじめたいちばんの理由です。たとえば、トップスとスカートのコーディネートを楽しむセパレートスタイルを多く扱うのも「THE DRESS ROOM」の個性のひとつ。私たちは今を生きる女性の感性を大切に、新しいウエディングスタイルを発信しつづけます。そして近い未来、好きな服を選ぶように、ドレスを気軽に手にとる世界をつくりたいと考えています。

image03

THE DRESS ROOMさんの魅力は何と言っても「形にとらわれないドレス」。

リアルクローズの延長にドレスがあることを大切にしており、普段の自分からかけ離れすぎないことがモットー。セパレートタイプが多数あり、コーディネート次第で自分らしさを表現できるところも他にはない魅力です。

感度の高い花嫁さんがこぞって愛するTHE DRESS ROOMのドレスは、一般的な価格よりもリーズナブル。その秘密は、ドレスづくりのすべてを自社で手がけ、流通や仲介などのコストを一切なくしているからだそう。モノづくりに徹したアトリエブランドとして、生地や素材にこだわり抜いた最高のドレスを贈りたいというこだわりの徹底ぶり。

「ドレスルームのドレスを試着する(今ならBLESS読者特典でアマゾンギフト券500円プレゼント中です?)」
http://www.weddingnews.jp/matching/1/

コラボドレスを作成する4名のミューズを紹介!

k_a_s_u_3さん

35c2bf2a64a4980a14684b533db54aed609f3815std

2015年12月にTRUNK BY SHOTO GALLERYで結婚式を挙げられたk_a_s_u_3さん。
“CHOICE WEDDING”をコンセプトに森の中にいるようなナチュラルなウェディングを実現され、その世界観が沢山の花嫁さんのお手本となっています。

Instagramのフォロワー数は1.4万人以上となっており、彼女の投稿するウェディングの写真は全てがおしゃれ。統一された色調とセンス抜群な写真は見ているだけでワクワクしてしまうほどでインスタ花嫁の絶大な支持を誇ります。

m_x25x.weddingさん

s__62783492

2015年10月にアーカンジェル代官山にて”ラスティックウェディング”をテーマに式を挙げたm_x25x.weddingさん。ヴィンテージな雰囲気に、女の子らしく少しだけ甘めのテイストを入れたウェディングは幅広いテイストの花嫁さんから「お手本になる!」と参考にされています。

ふわっとした彼女の愛くるしい表情と、写真からでも幸せが伝わるアットホームで和やかな式は真似したい要素がいっぱい!

xoxweddingxoxさん

23

2016年8月に兵庫県北野クラブSOLAにて結婚式を挙げたxoxweddingxoxさん。テーマはドライフラワー!ヴィンテージな雰囲気のなかにすこしスパイスがあるテイストに仕上げたxoxweddingさんの結婚式は、ドライフラワーを使用する結婚式の火付け役でもあります。

独自のセンスと得意のイラストで”mariフォント”と呼ばれるフォントを作成し、インスタ内で大人気。

いつも先端を行くxoxweddingxoxさんのセンスは、目が離せません。

maaaaki_sさん

abb15170802

2016年2月にThe Garden Oriental Osakaで結婚式を挙げたmaaaaki_sさん。

グリーンと白をテーマにナチュラルな結婚式をしました。特にオリジナルで製作したグリーンのカラードレスはとても印象的で、「maaaakiさんと言えばグリーンのドレス」と言われるほどの定着ぶり。

「ドレスルームのドレスを試着する(今ならBLESS読者特典でアマゾンギフト券500円プレゼント中です?)」
http://www.weddingnews.jp/matching/1/

 

第一回目のデザイン打ち合わせの様子は?

第一回目の打ち合わせは、都内と名古屋にて行われました。

第一回目の打ち合わせはミューズたちに「こんなドレスを作りたい!」と思うイメージ画像や絵を持参していただき、それを見ながらTHE DRESS ROOMさんと「こうしたらいいんじゃないか」と熱い打ち合わせが繰り広げられました。ミューズがそれぞれ各自持参したドレスのデザインは、もう想像するだけで可愛いことが保証されたかのようなものでした。

 

k_a_s_u_3さんのドレスデザイン

image

Slack for iOS Upload

イメージはナチュラルなさらっとしたアンティークレースを使用したドレス。

もともと「絶対こうしたい!」というこだわりがあり、このドレスしかない!としっかりイメージを固めていたk_a_s_uさん。袖有りがいいというご本人の希望と、打ち合わせ時をしていくうちに「袖に切り込みを入れて腕を細く見せるのはどう?」というTHE DRESS ROOMさんからの提案があったり、さらにどんどんデザインが固まってきました。うしろは多めのくるみボタンで、スカートはすこしトレーンがあるタイプ。

打ち合わせをしていくにつれニットのビスチェをつければ2wayにもなっておしゃれだし、今までにないようなドレスになるんじゃ・・・!?と。ビスチェをつけてもつけなくても着ることが出来、前撮りや後撮りの際だけビスチェをつけるということも可能です。

 

m_x25x.weddingさんのドレスデザイン

image

img_2007

 

ヴィンテージっぽいナチュラルドレスを提案。

袖ありかキャミタイプで悩んだところ、デザイン画は袖有りタイプをとりあえず書き起こし。

ありそうでなかなかないペプラムデザインにし、デコルテが綺麗に見えるようなボートネックは顔もスッキリ見えます。挙式、披露宴、二次会でもどんなシーンでも着れるようなドレスにしたいというm_x25x.weddingさんの希望があり、おしゃれ感も追求するために9部袖に。打ち合わせをしていくうちに、「袖の部分はスカラップにしたほうがかわいいかもしれない。」といろいろ案が出てきます。

やわらかいかんじのレースを使用し、全体的にやわらかさと優しいイメージにしたい。スカートに関してはとろんとしていて透け感があるようなものにしたい。

 

maaaaki_sさんのドレスデザイン

image

img_3303

 

maaaaki_sさんのデザインは、4wayでも着ることのできるカラードレス。

maaaaki_sさんと言えば「グリーンのドレス」という印象が強いのでご自身も「やっぱりグリーンにしたい」との希望がありベースに着るキャミドレスをグリーンにし、上に着用するボレロとオーバースカートをホワイトに。

・キャミドレスのまま1枚でさらり

・キャミドレスの上にボレロのみを着用

・キャミドレスの上にオーバースカートのみ着用

・キャミドレスの上にボレロとオーバースカートどちらも着用

という欲張りな4way!

ボレロの背面部はくるみボタンを使用し、うしろから見てもちゃんと可愛く。ベースはストンとしたスカートですが、オーバースカートで一気にボリュームを出すこともでき、表情を変えられます。

 

xoxweddingxoxさんのドレスデザイン

img_2637

img_2641

 

xoxweddingxoxさんのドレスデザインはキャミのコルセットタイプと、長袖のセット。

ベースのドレスはレースのコルセットにし、バックスタイルはがっつりと潔く開いたタイプ。

コルセット部分は、下着っぽいランジェリーレースにし、2wayタイプにして長袖のハイネックのボレロを作り表情を変えて着ることができるように。

背中は開けたほうがかわいいんじゃない?と話し合い、そのほうがボレロ着たときにギャップがあってかわいいかもしれないからそうしよう!と決定。上のコルセット部分は白、スカート部分はカラーを入れてアイスブルーやアイスピンクなど色展開をしてもよさそう!と色展開をしていくことに。

「ドレスルームのドレスを試着する(今ならBLESS読者特典でアマゾンギフト券500円プレゼント中です?)」
http://www.weddingnews.jp/matching/1/

次回は、この打ち合わせを踏まえた上で生地選定!

今後も、ウェディングニュース公式ミューズのオリジナルドレスが出来上がるまでの過程を追っていき、引き続き連載でお伝えしていきます。

THE DRESS ROOM詳細情報

《南青山店》
〒107-0062 東京都港区南青山5丁目3-25 オウビルB1F
東京メトロ 各線「表参道駅」A5出口より徒歩2分
【営業時間】月曜日?土曜日:11:00〜19:00 / 日曜日:10:00〜19:00 定休日/火曜日
【電話番号】03-6450-5672

《心斎橋店》
〒542-0081 大阪市中央区南船場4丁目11-5 コレットB1F
大阪市営地下鉄 各線「心斎橋駅」北11出口より徒歩3分
【営業時間】
月曜日?金曜日:11:00〜19:00/?土曜日:11:00〜20:00 / 日曜日:10:00〜19:00
定休日/火曜日
【電話番号】O6-6245-1520

【ホームページ】http://the-dressroom.jp
【公式Instagram】https://www.instagram.com/the_dress_room/

「ドレスルームのドレスを試着する(今ならBLESS読者特典でアマゾンギフト券500円プレゼント中です?)」
http://www.weddingnews.jp/matching/1/