【新婚旅行は日本ぜよ!】坂本龍馬夫妻が訪れた“霧島”って今でも魅力的!!

2016.5.18 新婚旅行

今も人気の坂本龍馬と、妻おりょうが初めての新婚旅行で訪れた「霧島」。現代版にしたらどんなハネムーン?「龍馬ハネムーンウォーク」に参加してみたい!霧島の温泉、観光名所を調べてみました!

今も人気の坂本龍馬♡

2fbdfbe9ee020b37c9db2c2705e71c17

日本初の新婚旅行に行った坂本龍馬。
今回は坂本龍馬と妻のおりょうがどんな新婚旅行を楽しんだのか、観光スポットを調べてみました!
現代版にするとどうなる??「龍馬ハネムーンウォーク」って??
新婚旅行は国内派!のお二人、必見です!

龍馬のハネムーンは鹿児島の「霧島」!

b492b6d8f0bd764b0eef9736e0aae276

坂本龍馬は1866年に「寺田屋襲撃事件」の際に大きな傷を負い、治療を兼ねて妻おりょうと鹿児島に向かいます。
当時は新婚旅行という習慣はなく、龍馬とおりょうが仲睦まじく過ごしたこの旅が、いわゆる日本ではじめての新婚旅行だと言われています。龍馬の新婚旅行は、船で鹿児島に入港。帰りは、桜島丸で出港という間の約3ヶ月間でした。
ドラマや本で「坂本龍馬」を取り扱われるようになったこともあり、ラブラブだった龍馬夫妻にあやかって新婚旅行として縁の地を訪れることが増えてきています。
歴史好きではない方も来ているそう。それだけ魅力的な場所が多くあるところなのでしょう。
ここでは龍馬とおりょうの思い出の場所を紹介していきたいと思います!

塩浸(しおびたし)温泉 龍馬公園

image

霧島の旅の中で龍馬とおりょうがもっとも長く滞在していたのが、「刀傷」に効果があるとされていた「塩浸温泉」です。
現在は公園として整備されており、無料の縁結びの足湯や、二つの源泉の湯が楽しめる温泉(大人360円)に入れます。
資料館(300円)には龍馬が新婚旅行について書かれた直筆の手紙が見られます。

0bb2a24421043333d865d8851ab8a38e

実際龍馬とおりょうが入ったと言われる露天風呂は、現在手湯になっているそうです。
当時も現代も変わらず湧きつづけている温泉です。歴史がありますね!

和気(わけ)神社

E5928CE6B097E7A59EE7A4BEE38080E585A8E699AF-1

和気清麻呂(わけ の きよまろ)公をまつる神社です。
清麻呂公の足が悪くなり歩けなくなっていたところ、猪(いのしし)に案内され「霊泉」に足を浸けるとすぐに足が元通りに治り、歩けるようになった。という逸話があります。

DSC_10064

以来、足腰の守護として、狛犬がわりに「狛いのしし」が拝殿前で守護しているそうです。
毎年春には「藤まつり」が開催されますので、春に訪れたいですね!

犬飼の滝

inugai60671

高さ36m、幅22mの垂直に流れ落ちるダイナミックな滝です。
龍馬も「この世の外かと思われほどのめずらしきところなり」と絶賛しているので、迫力のある姿を見に行くのもオススメです。
滝の展望台があり、滝壺への遊歩道も整備されています。

霧島神宮

552eb339-6f88-4232-97f2-fb68d637956c

建国神話の主人公であるニニギノミコトがまつられている神社です。
龍馬たちは高千穂(たかちほ)登山の際に立ち寄り、樹齢千年に近いご神木の大杉を眺めたそうです。
現在も「パワースポット」として有名で多くの方が訪れています。

13a51a96

龍馬の新婚旅行にちなんで、とてもかわいい絵馬があります!
「縁結び」の後利益があるというこの神社は、新婚旅行にぴったり♡
年間約100もの祭儀があるのでいつでも楽しめるのが嬉しいスポットです。

img817a442bzik5zj (1)

また、こちらの「九面守(くめんまもり)」という厄除けのお守りは芸能人の方の間でも話題を呼んでおり、テレビで紹介されたこともあります。一つ一つに意味があり、9つ全てそろえて持っておくと「満願成就」となるそうです。
なかなかないユニークなものなので、全種類ゲットしてみたいですね♪

霧島温泉郷

800px-Ryokukeitouen_Kirishima_City_Kagoshima_Pref12s5s4592

霧島山の標高600~850mから湧き出す温泉地の総称です。
各所で湯けむりがみられ、温泉情緒たっぷり。龍馬はこの中で、栄之尾(えいのお、えのお)温泉、硫黄谷(いおうたに)温泉に滞在しています。

高千穂河原

img_0

登山基地として有名だが、周辺は自然歩道を整備していて鳥獣観察・樹木観察・ハイキングなどにも最適な場所で、自然に触れあう場所としてオススメの場所です。

馬の背越え

馬の背越えのミヤマキリシマ

火山口のふちをのぼる「馬の背越え」では、あぶなっかしいおりょうの手を龍馬が引いたと言われています。
龍馬夫婦は、念願の高千穂登山し、おびただしい霧島ツツジに感動したそうです。
5月にはミヤマツツジの時期になります。

天の逆鉾(あめのさかほこ、あまのさかほこ)

spot31

高千穂峰の山頂には、日本の神話に登場する「天のさかほこ」が突き刺さっており、龍馬が引き抜いた言われています。
龍馬はこの高千穂峰の頂上に「天のさかほこ」を描いた高千穂山のスケッチをし、道中の様子を細かく図解で記した手紙を姉乙女へ送っています。
火山噴火で折れ、柄の部分のみ地中に残っており、現在は再現されたレプリカが立っています。
これを目標に、登山もいいですね♪

龍馬の新婚旅行を現代版にアレンジ!

giusymacchina

当時の龍馬とおりょうは、手を取り合いゆったりと歩いて移動していたことでしょう。
現代版での龍馬新婚旅行をするのであれば必須なのはレンタカー!
鹿児島空港に到着したら、鹿児島空港でレンタカーを借りて移動することがおススメです!

坂本龍馬ハネムーンプランでちょっと寄り道

塩浸温泉 ⇒和気神社 犬飼の滝 ⇒霧島神宮

cc3122a59cd90e977575e6d9cf10cca0

塩浸温泉につかってリフレッシュ!
すぐ近くの「石階段」は龍馬とお龍の二人が過ごした風景が当時のまま今も残り、「岩抱き杉」は願いが叶うパワースポットとして地元では評判の場所。ここは絶対に立ち寄っておきたいところです!
犬飼の滝でマイナスイオンを浴び、霧島神宮へお参りに行きましょう♪

龍馬が宿泊した「霧島ホテル」で、龍馬が食べた「黒豚しゃも鍋」を

5C7C9B421A6E4084B3C4795476C9B928_L

龍馬のゆかりの宿、5つ星ホテル「霧島ホテル」に泊まってみたい!
館内には龍馬に関する歴史資料がたくさんあり、歴史好きにはたまらない空間になっています。歴史に興味がない方でも、美味しいご飯と大きな温泉で癒されるはずです!

霧島ホテルHPはこちら

高千穂河原 ⇒馬の背越え ⇒高千穂峰 天のさかほこ

29FA89BD5D704CF8BCEB92521F3CD53C_L

高千穂峰が見渡せる「峠の茶屋」の龍馬ラテで一休み!
龍馬ファンなら立ち寄って欲しい、クオリティの高い龍馬ラテが待っています♪
「峠の茶屋」詳細はこちら

毎年「龍馬ハネムーンウォーク」開催されています!

11149514_850156738355401_5725871467304586291_n2-640x428

毎年3月、霧島市観光協会が開催しているハネムーンの道筋をウォーキングするイベントが「龍馬ハネムーンウォークin霧島」です。
理想を求めて日本の将来を思い描いた龍馬やおりょうの気分を味わいながら、ゆっくりウォーキング。
距離の違う全4コース(10~23.5キロ)が用意されているので、2人で楽しめる距離を話し合って決めて申し込みしましょう!
定員になり次第、受付は終了だそうです。新婚(結婚後1年以内)の夫婦で参加された方には記念品のプレゼントもあります。

(参加料:事前登録¥1,800 当日登録¥2,000)

「龍馬ハネムーンウォークin霧島」詳細はこちら

歴史上の人物が踏んだ地を巡る贅沢

3b4e3a34966d4d1d23d16f8dd5a87ade (1)

いかがでしたでしょうか。
坂本龍馬は日本人は誰しも知っている有名な存在だと思います。龍馬は日本を良くするために駆けずり回っていました。愛する奥様と向き合う時間なんてあまりとれなかったのではないでしょうか。この霧島での時間が夫婦水入らずで過ごした唯一の時間だと言われています。

ぜひ龍馬夫妻のようにたくさん歩いて向き合って、お二人の絆を深めるため、霧島に行ってゆったりとした時間を過ごしてみませんか?


sato

sato

恋愛が苦手でこのまま結婚できなそうな32歳。 最近は、リラックマのぬいぐるみで癒されています。