結婚両家顔合わせ食事会の流れとは?いよいよ準備、安心マニュアル!

結婚両家顔合わせ食事会の流れとは?いよいよ準備、安心マニュアル!

両家への結婚挨拶、緊張しましたか?その後にもやることはたくさん!
今回は両家顔合わせ食事会をする場合の流れ、準備すること、お支払いについてまとめました!
プレ花嫁さん、安心マニュアルです♪

この記事が気に入ったら
いいね!してね

両家が繋がる場、食事会

結婚が決まったお二人♡これから、ご両親にご挨拶して、両家顔合わせ、結婚式の日取り決めなど大忙しですね。
初めてのことにわからないことがわからない!ということばかり。
両家食事会ってどんな流れ?事前に決めておくことってある?お支払いはどうすれば?
今回は、それぞれのご両親にご挨拶した後の両家の顔合わせ食事会の流れについてご紹介したいと思います。
是非参考にして、当日を迎えてください♡

事前に準備しておきたいポイント

両家顔合わせとは、両家の親睦を深める場、今後の流れについて話し合っておく場と位置づけられます。
最近は略式結納や、結納をしないケースが増えており、両家顔合わせですべてまとめて行うということもあるようです。
そのため両家顔合わせを行うの際にはどういう話をするのか、あらかじめ決めておくことはとても大事です。
後々大事な話の際にすれ違いが起こってしまう可能性も十分にありますので、シュミレーションをしておきたいですね。

時期、会場決め

顔合わせ食事会の日取りは挙式の3ヶ月~6ヶ月前の吉日を選ぶ事で縁起が良いとされています。
いくつか候補を挙げておき、両家の予定を調整するようにします。
顔合わせ食事会はホテルや料亭の個室で日本料理を食べるのが一般的ではありますが、両親の体調や好みに合わせて会場を選びましょう。
地方出身の場合には、食事会を行う場所について両家でしっかりと話し合って決めるようにしましょう。
また、食事会を行う場所が決まったら、予約の際にお店側に顔合わせ食事会で利用したい旨を伝え、料理のメニューを事前に決めておきましょう。アレルギーなどがある場合は事前に申し出します。
コースメニューを利用することで、注文をする手間が省け、決められた時間の中で時間をかけて会話を楽しむことができます。
心配な場合は、下見に行くという手もありますね。

費用負担について

顔合わせ食事会では、男性側・女性側で費用を折半するのが一般的です。
最近では、親を招待するという形で、本人2人が費用を負担するケースが増えています。
遠方から来られた場合、宿泊や交通費は両親に負担してもらい、料理代は二人で負担など、事前に費用分担をしっかりと二人で話し合い、お互いのご両親に説明をしておくことが大事です。

相手のご両親のリサーチ

両家顔合わせの場、不釣り合いや沈黙は避けたいですよね。
そうならないためにご両親のリサーチは事前にしたいものです。

  • ご両親がどのような格好で食事会に参加するのか
  • 家族も参加するか
  • ご両親のお仕事、趣味、嗜好品など
  • 結納、結婚式に対しての考え方(すべて男親が進める、地方出身の場合その特性)
  • 手土産について

そうすることで違和感も生まれず、会話も広がり、沈黙を避けることができます。

顔合わせ会の目的を決める

顔合わせの場で話しておきたい内容は、これから結婚式に向けての準備の話が大体と考えられます。

  • 結納の有無
  • 結納を行う場合の日取りや場所
  • 結納しない場合、結婚記念品が必要か
  • 結婚式の日取りや場所
  • 両家負担はどうするのか

など、話し合うべき内容はたくさんあります。
お金の話はあまりしたくないものですが、2人がどういう形で結婚式を挙げたいのかお話しすることはとても大事です。
結納をしないと分かっている顔合わせ食事会では、結納品を用意しない代わりに男性は一般的に婚約指輪を用意し、女性はそのお返しとしてブランド物の腕時計やスーツ等を用意するカップルが多いようです。
そういった準備の必要になるかどうか、それぞれ両親と相談して、両家の考え方をすり合わせておきましょう。
せっかく両家が集まる場所ですので、漏れのないよう、話し合いを進めることが望ましいです。

両家顔合わせの流れとは?

進行は一般的には男性が行いますが、協力して場が和むまでは2人で行いましょう。
顔合わせ食事会は親睦を深めることが第一の目的です。ご両親には、その場の雰囲気を楽しんでもらうスタンスで、最近二人が行った旅行の話や趣味の話など積極的に話をしてみましょう。
それぞれの幼少期の微笑ましいエピソードなどあると盛り上がりますね。

当日流れ

①両家が集合:会場に5分前には到着するようにしましょう。

②始まりのご挨拶(男性から):顔合わせの目的、御礼を伝え、自己紹介しましょう。

③両家の紹介:男性側、女性側の順番で本人が紹介をしましょう。

④結婚記念品の交換:婚約指輪など二人が結婚記念品の交換をします。※ここでは、婚約指輪を見せるだけでもいいですね。

⑤記念撮影

⑥乾杯・食事・歓談

⑦終わりの挨拶:二人揃って挨拶をしましょう。

①~⑦の流れでだいたい3時間くらいが目安です。

上記の流れが形式としてはありますが、形式はあってないようなものです。もちろん礼儀や建前は大事ですが、二人がしたい会にすることが一番重要です。肩肘張らず、自分たちも楽しむということを忘れずに。

 先輩花嫁体験談

夜の食事会になってしまいました
休みが合わないので、仕方なくそうなりました
新郎側から「御祝事なのに夜では申し訳ない」といわれましたが(新郎の休日だった)
両家の都合であり、事前に両親からの承諾を得ていましたので
「祝い事だからこそ日延べするより一日も早いほうが・・・」と快諾する形になりました
段取りを踏んだので、親も別に不満はなかったようです

両家の顔合わせというのは
結婚する本人たちが段取りするものだと思います。
自分たちで、それぞれの親の性格だの考え方だのを考慮して
ちょうどいいところに収まるように準備するものだと。
根回しとでもいいますか・・・

やっぱりダントツ? お酒の失敗。酒は飲んでも飲まれるな。心にしっかりと留めておきましょう。

初対面でお鍋をつつくのはちょっと抵抗が・・・。

相手の両親の苦手な料理があるなんて思ってもみなかったので、考えてもいませんでした。
ですが、あるんですね。お肉がだめだとか、野菜が苦手とか。
あと、タブーな話しとか。
事前に確認をすることをおすすめします。

結婚前の両家顔合わせの席で、両親は私の至らない部分(ダメ出し)の話を沢山しました。
私のマイナス面の話ばかりで、プラスな話は一切しなかったです。
正反対に義両親は夫(息子)をびっくりする位に褒めちぎって、ダメ出しのような話は一切しませんでした。
私はとても居心地が悪かったです。

他料理の事前の確認不足もあるようなので、情報収集は必須です。
両親も緊張しているはずなので、ついついお酒が進み失敗というケースが多く見られました。
そして自分や子供の自慢が続くと相手がうんざりしてしまう可能性があるので、その点については両親と事前に話し合い、相手家族の気に障ることのないよう、十分気を付けましょう。

ご縁あっての結びつき

alqdmrte731gocmrd6j94ipcmb52100

両家顔合わせの食事会に向けて、準備することが多いと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
緊張するから、早くその日を終わらせたい!と思う方もいるかもしれません。
でも、皆が通る道!気張らず、流れに任せることも大事です。
全体感が見えていれば、何かあったときも大丈夫。事前に情報を仕入れておくだけでも十分です。
そのために、二人で協力して情報共有をしておきましょう。
ご縁あっての場です。素敵な会になりますように。

この記事が気に入ったらいいね!してね

maaya_kitchen

maaya_kitchen

インナービューティママ料理研究家/ママライフコーディネーター 関西学院大学卒業。留学生活を通してオーガニック、インナービューティに出会う。 妊娠をきっかけに、食やそれに関わるライフスタイルにより関心を高める。 “整える”をテーマに 女性のライフサイクルのなかで、大事な時期である結婚・出産・育児をメインにした 女性・ママライフをサポートするサロン fougèreの立ち上げ、 食やライフスタイルのライターとして、活動中。 同じ境遇の一人でも多くの女性の毎日のハッピーのお手伝いができればと思っています。 Blog   :http://ameblo.jp/maaya-innerbeauty/

週末お得フェアニュース

その他の式場を探す

その他のウェディングスタイルの記事