【ナイトウェディング2016】第4回:素材の質感や雰囲気にこだわる! ナイトウェディングに映えるドレス

2016.11.3 特集

せっかくセンスを活かしたナイトウェディングを開催するなら、ドレスにもとことんこだわりたいもの。どんなドレスがナイトに映える? 選び方のポイントは? こだわりのドレスやウェディングアイテムが揃う、オトナ花嫁に人気のセレクトショップ「クリオマリアージュ」のマネージャー・下村さんに伺いました。

夜のパーティーだからこそ似合うドレスとは?

01

繊細なチュールとレースが美しいドレス(DAVID FIELDEN/\280,000)

 

昼間のフォーマルな披露宴よりもコンテンツの自由度が高いため、ゲストとゆったり過ごせることが多いナイトウェディング。キャンドルや幻想的なライトアップに彩られながら、新郎新婦も一緒に音楽やダンスを楽しむパーティーも珍しくありません。オトナ婚のカップルに人気があるスタイルなので、ゲストの年齢層が比較的高めなのも特徴です。そんなナイトにぴったりなのは、どんなドレスなのでしょうか?

力の入りすぎないシンプルなドレスが素敵

s_02

ガーデンでも動きやすいやわらかなシルエットに、背中を大胆に見せるデザインがポイント(LAURE de SAGAZAN/\280,000)

03

セパレートタイプのドレスは、お洒落上級者にぴったり(ともにLAURE de SAGAZAN/トップス:\79,000/スカート:\215,000)

 

豪華なトレーンやふわふわのプリンセスラインも素敵だけれど、ボリュームのあるドレスだと、ゲストと物理的な距離が生まれがち。写真を撮るときやお話をするときなどに、近くまで寄りづらくなってしまいます。

「ナイトウェディングで大切にしたいのは『自分がお姫様になること』ではなく『ゲストと心地よい時間を共有すること』。花嫁には、身軽に動けるけれど、ディテールにはこだわったドレスがぴったりです」と、下村さん。

たとえば、上質なレースをさりげなく使ったもの。かさばらないので歩きやすいけれど、近くで見ると繊細なつくりがしっかりとわかり、美しさを実感してもらえます。歌やダンスなどのパフォーマンスをするなら、セパレートタイプのドレスも◎。スカートの重みが胸元やウエストに集まらないため動きやすく、一風変わったモダンなシルエットが人気です。

照明に映える素材で、1着の魅力を余すところなく楽しむ

04装飾はシンプルだけど、すっきり洗練された雰囲気に(JUNKO YOSHIOKA×Cli’O mariage/\315,000)

05レースとチュールをふんだんに使ったドレスは、質感を楽しめる(ORLANE HERBIN/トップス:\95,000/スカート:¥135,000)

 

キャンドルやライトアップが際立つナイトパーティーの場合、装飾がびっしりあるようなドレスは会場の雰囲気とケンカしてしまう場合も。アクセント程度ならお洒落にキマりますが、ゴージャスになりすぎないよう注意を払うとよさそうです。

「むしろ照明に映えるのは、質のよいシルクなどの控えめな素材です。花嫁が動くたびに深い陰影が感じられ、まるで映画のワンシーンのように見えるでしょう。ナイトウェディングは夕方から夜にかけて行われるケースが多いため、パーティーの時間帯や光の具合が変化することで、同じドレスでも違った表情に見えるのが魅力。豪華な装飾ではなく、シルエットやパターンの美しさにこだわるのも素敵だと思います。とても質がよいのに、ホテルなどの大きなバンケットでは大人しく見えすぎてしまうようなドレスも、ナイトウェディングにはぴったりです」(下村さん)

ナイトを選ぶからこそ、とことん自分らしく

 

06大きな帽子やダウンヘアで、オリジナリティあふれる花嫁スタイル(Balcony and Bed×Cli’O mariage/\340,000)

 

フォーマットにとらわれず、自分たちの好きなことやお気に入りのものを集めてできるのがナイトウェディングの良さ。「本当はシンプルなドレスが好きだし、そのほうが似合う」なんて人には、特にナイトがはまります。

「お気に入りのドレスを選び、ウェディングの中心にその一着を据えれば、パーティーの軸がぶれることもなくなります。自分の好きなもの、似合うものがわかっているオトナ女子なら、セレクトは難しくないはず。シンプルなドレスと派手なドレスを着比べれば、派手なドレスのほうが見栄えがするように感じるかもしれませんが、実際のパーティーでその2着が比較されることはありませんよね。気にせず、自分が本当に着たいものを選びましょう」(下村さん)

コンテンツに合わせて選ぶ

07動くたびに揺れるチュールで、会場全体も華やかに(DAVID FIELDEN/\280,000)

08幾重にも重なったチュールのバッスルは、まるで天使の羽のよう(DAVID FIELDEN/¥240,000)

 

ダンスタイムなどがあるなら、前述したセパレートタイプのほか、動くたびに躍動感があるチュールのドレスもぴったり。デザイナーのDAVID FIELDEN(デヴィッド・フィールデン)は舞台衣裳からキャリアを積んでいるため、パフォーマンスのあるパーティーにもってこいです。

コーディネートで選ぶ

09大きく裾を広げたミニドレスには、ポップなヘッドアクセとハイヒールを(DORIAN HO Doll/\75,600)

 

シンプルなドレスは、アクセサリーやメイクで足し算しやすいのもいいところ。大きめのイヤリングやネックレス、華やかなヘッドドレスなど、合わせたいアイテムからドレスを選んでいくのもいいでしょう。真っ赤なネイルやリップ、足元はスニーカー、なんて攻めのコーディネートも、ドレスがシンプルなら素敵にまとまります。

ドレスに込められた想いで選ぶ

10花嫁の身体に寄り添い、しなやかな美しさを放つ(suzuki takayuki×Cli’O mariage/\320,000)

 

隅々までこだわりたい新郎新婦には、ストーリーのあるドレス選びがおすすめ。深い想いを込めて制作されたドレスが、クリオマリアージュには多くラインナップされています。「なぜこのドレスを選んだの?」と誰かに尋ねられたとき「このブランドがドレスに込めている想いに共感したんだよ」なんて答えられたら、素敵じゃないでしょうか? そんなこだわりのあるセレクトは、自分たちらしいアイテムをとことん選べるナイトウェディングと好相性です。

「たとえばsuzuki takayukiのドレスは『時間と調和』というのがコンセプト。身体に沿わないファスナーを一切使わず、くるみボタンやリボンなどのやわらかな素材で、新婦のシルエットに優しく寄り添うつくりが特徴です。ラックにかかっているときより、実際に着ていただいたときが一番美しく、華やかに見えるよう計算されて作られています」(下村さん)

デザイナーやブランドのこだわりやドレスに込められた物語を聞きながら、自分の気持ちにしっくりくる一着を探すのもいいですね。

 

※ドレスはすべてレンタルの税抜価格を表記しており、2016年2月初旬現在のもの

 

プロフィール 下村 菜美

大手婚礼総合プロデュース会社のブライダルスタイリスト部門にて、ホテル・専門式場に勤務。2009年にクリオマリアージュへ入社し、現在はマネージャーとしてお客様対応や店舗管理を行う。また、その知識を活かし、クリオマリアージュ総合企画営業を兼務。夏のイベント『マルシェ フォー ウェディング』を担当するなど、活躍のフィールドを広げている。

クリオマリアージュ

東京、パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークコレクションに参加しているさまざまなブランドのウェディングドレスやカラードレスをはじめ、各メゾンとのコラボレーションやオリジナルのブライダルアイテムを用意しており、今までにない新しいウェディングスタイルを提案する。コンセプトは「歩いてきた道を思い出し、いつか見た映画のワンシーンのように、毎日のおしゃれの延長線上にウェディングドレス&タキシードがある」。

このたび、感度の高い花嫁に向けたお洒落なフォトプランを新提案。憧れのウェディングドレスを身にまとい、こだわりのアルバムが制作できる。詳細は店頭、またはホームページにて。

http://www.cliomariage.com/


BLESS編集部

BLESS編集部

BLESS編集部です。感謝あふれる結婚式をつくるお手伝いがしたいです。