プロポーズされたらまず見て!結婚式までの流れと段取りを25のステップで完全解説

2016.11.11 お金・段取り

プロポーズされたら、何から始めればすればいいの?!初めての結婚準備は分からないことばかり。挨拶から挙式、結婚報告ハガキまで流れ、時期、費用平均をご紹介!これを見れば大丈夫、25のステップで完全解説です

プロポーズされたばかりのプレ花嫁のみなさん!おめとうございます。これから楽しい楽しい結婚準備生活が待っています!!まずはこの記事で結婚式までの流れを把握してください。25のステップにわけて、それぞれごとの段取りを整理しています。決めることが本当に多いのが結婚準備ですが、一生の間で一度しかない幸せな時間です。どんな結婚準備生活をするか、結婚式までの流れを把握して、じっくり計画してみてくださいね。

結婚式準備は平均11ヵ月、費用総額平均は482.2万円

結婚式までの平均的な準備期間は11ヶ月と言われていますが、最短でも3ヶ月、人気のシーズンや会場によっては1年以上前から準備が必要です。
結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用の総額の平均(推計値)は482.2万円です。(ゼクシィ調査より)
理想の結婚式を挙げるために、スケジュール作りから始めましょう。
結婚準備に関するノート(=ウェディングノート)を1冊用意しておくと便利で、2人の思い出にもなります。

「家族」になるために腹を割って話そう

結婚準備はまさに初めての共同作業。
大切な決断の連続で、意見の違いから戸惑うことがあるかもしれません。
しかしそれを乗り越えることで2人は「家族」になっていきます。

・どんな結婚式を、何のために行うのか?
・お金はいくらくらいかけるか?
・いつから一緒に住むか?
・入籍はいつおこなうか?
・新婚旅行はどするか?

など、結婚を決めたら早い段階で腹を割って話し合いましょう。

両親、友達、同僚・・・周囲へ報告(3~4ヵ月前)

331cf080b7f267a217533d37f8d8f9be

結婚が決まったら、両親や友人、職場の人などに報告。
両親や親友にはプロポーズがあったタイミングで、職場へは挙式の3〜4ヶ月前に報告する場合が多いようです。

ドキドキ!両家の親に挨拶(8ヵ月~1年前)

親へのあいさつは、2人の間で結婚の意思が固まったら、なるべく早いタイミングで。
女性の家へ先にあいさつに行く場合が多いようですが、実家が遠方にある場合など、親の了解を得ればどちらが先でも問題ありません。
あいさつの日程が決まったら、3,000円~5,000円くらいを目安に手土産を準備します。親の好物、郷里の銘菓などは話題にもなりやすのでよいでしょう。
また、当日話す内容の準備をしておくとより安心です。

玄関先で

食事の要らない午後2時くらいの訪問が◎。
服装はスーツやワンピースで、コートを着ている場合は玄関の外で脱いでおきましょう。

「はじめまして。○○さんとお付き合いをさせて頂いております、○○です。宜しくお願いします。」
「はじめまして、○○です。本日はお時間をつくっていただきありがとうございます。」

着座してから

手土産は挨拶を済ませた後、袋から出して差し出します。

「お忙しい中、お時間を作って頂きありがとうございます。改めてご挨拶させてください。
○○さんとおつき合いをさせて頂いております、○○ ○○(フルネーム)と申します。
本日は宜しくお願いします。」

「このような大切な場で、 どのようにお話すれば失礼がないのかわからないので、 もし不躾に聞こえましたらおゆるし下さい。」

本題を切り出す

どちらの家でも男性から結婚の話題を切り出しましょう。

「○○さんと一緒に居ると、とても幸せです。
○○さんと必ず幸せな家庭を築きますので、結婚をお許しください。」
「まだ未熟者ですが、精一杯頑張って○○さんを幸せにします。
どうぞ結婚をお許しください。」
「○○さんと結婚を前提にお付き合いをさせて頂いております。
ご両親に結婚の了解を頂きたく、ご挨拶に伺いました」

おいとま

長居は失礼にあたるので、滞在は2~3時間に。
夕食などを熱心に誘われた場合は、ありがたくお受けしましょう。

「本日は本当ににありがとうございました。今後のことについてはまたいろいろと相談させていただきたく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。」
「もう、こんな時間。すっかり長居をしてしまって。そろそろおいとまいたします
ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします」

チャペル?ゲストハウス?会場探し!(8ヵ月前)

結婚式のイメージを左右する会場探し。多くのカップルは8ヶ月ほど前から探し始めるようですが、前述の通り人気の会場は1年以上前から予約が必要な場合も。キャンセル状況により、3ヶ月先の方が空いていることもあるので、気になる会場はまめにチェックしましょう。

2人のテーマや演出のイメージをふくらませる(7.5か月前)

会場を決定する前に、やりたいことをリストアップしましょう。日本の多くの会場は「ドレスは必ず提携のドレスショップで」「カメラマンは会場スタッフで」など、コンテンツに制限があります。

会場決定後に「流行りのソファ高砂をやりたい♡」「ヘアメイクは○○さんにお願いしたい♡」といったアイデアが出ても、融通が利かないこともしばしば。

また、オーダメイドのドレスや人気のカメラマンなどは、スケジュールを確保するのが困難な場合も。「カメラマンはあの人に」「ドレスは絶対にあのブランド」「アイシングクッキーを配りたい」など、やりたいことはできるだけ細かくイメージし、会場見学に行った際に相談してみましょう。決定前の段階であれば、交渉に応じてくれる場合も多いため、イメージをメモしたウェディングノートをフルに活用しましょう。

ブライダルフェアに参加(7か月前)

単に見学のみの見学会や、コーディネーターと相談できる「相談会」、モデルカップルの模擬挙式など、各会場ごとにさまざまな催しがあります。

披露宴での食事のフルコースを原価に近い価格で試食できるとてもお得なフェアもあるので、2人でデート感覚で参加したり、プレ花嫁同士や両親と参加してみましょう。

ドレスの試着ができるフェアもあるため、化粧はきちんとしていった方がイメージが湧きやすく、着替えのしやすい格好で参加するとよいでしょう。模擬挙式はゲストのつもりで参加すると、おもてなしのアイデアが浮かびます。

徹底的に比較して!

会場は1件の見学のみで決定せず、1〜3ヶ月かけて2件以上は見学し、徹底的に比較しましょう。

予算や持ち込みたい演出など、各式場の条件を伝えることで大幅なディスカウントにつながります。

ワクワク♡指輪選び(6.5ヵ月前)

指輪の購入方法は「既製品」「セミオーダー」「フルオーダー」の3種類。

フルオーダーの場合は手元に届くまでに1ヶ月6ヶ月かかる場合もあるため、婚約指輪は結納までに、結婚指輪は結婚式に間に合うように余裕を持って注文しましょう。

指輪を購入する際も2店舗以上はまわり、質や特典アフターフォローについてもしっかり比較しましょう。

ドレス同様、海外旅行に行ったついでにその土地のブランドの指輪(アメリカならティファニー、フランスならカルティエなど)を購入して費用を抑える、というツワモノ新郎新婦も。

平均費用は26.0万円です。(ゼクシィ調査より)

結納?食事会?両家ご対面(6ヵ月前)

結納とは、儀式性が高く、この日を境に正式な婚約となる日本のしきたり。
一方で、しきたりにこだわらず、両家が集まって会食をしながら親睦を深めるのが顔合わせ食事会です。
現在は食事会に記念品の交換など、簡単な儀式的要素を取り入れたスタイルが人気です。

結婚式の6ヶ月前から、準備が忙しくなる2ヶ月前まえでに行うのが一般的。

日時・場所を決める

ゆったりと落ち着いて食事と歓談のできる個室を予約しましょう。
結納の場合は結納新婚プランがあるホテルを選ぶと安心です。

事前の打ち合わせ

服装や手土産など、両家のバランスが悪いと、どちらの家も気持ちよく過ごせないもの。2人が調整役となって準備を進めましょう。
最初の挨拶、乾杯、進行は誰が務めるかなども決めておくと◎。また会計の方法は、2人が両親を招待するスタイルがオススメです。

話題の準備、結婚式の確認点のまとめ

両家が集まるこの機会は、結婚式の事前打ち合わせの大きなチャンスです。挙式のスタイルや結婚式の内容など、両家の親への確認事項はウェディングノートにまとめるなど、事前に準備しておきましょう。また、場がなごやかになるように、家族の思い出やエピソードなど話題を準備しておくことも忘れずに。

結納・食事会にかかる費用

結納でかかった平均費用は、22.9万円で、結納金の平均は91.2万円です。
食事会を含めた両家の顔合わせの費用の平均は、7.6万円。(ゼクシィ調査より)

結納返し

結納返しには時計やスーツなどが多く、費用の平均は19.2万円となっています。(ゼクシィ調査より)

私にぴったりなのはどれ?ドレス探し(5ヵ月前)

ドレスの手配方法は、「オーダーメイド」「既製品の購入」「レンタル」が一般的。

オーダーメイドや海外ブランドのドレスは手元に届くまで1年近くかかることもあります。こだわりのドレスがある場合は入籍だけ先に行い、披露宴はドレスなど準備は整ってから、というカップルも多いようです。

海外旅行に行ったついでに旅行先で買ってくるという方法も。

まずは雑誌やインターネットでたくさんのドレスを見て、「式は荘厳に」「披露宴はポップに」など、シーンごとに演出したいイメージから決定しましょう。

ドレス探しと同時に、グローブアクセサリーヘアスタイルなどトータルのコーディネートを固めておくとよいでしょう

花嫁衣裳費用の平均は43.5万円、新郎衣装費用の平均は16.5万円です。 (ゼクシィ調査より)

前撮りついでにプロフィールビデオ制作(3~6ヵ月前)

結婚式当日には着ない和装や、当日とは異なるロケーション、2人で旅行に行ったついで前撮りをするカップルが増えています。

前撮りの写真や様子の映像は、結婚式当日の演出プロフィールビデオ招待状ウェディングHPを作成する際にも役立ちます。

別撮り費用の平均は14.1万円です。(ゼクシィ調査より)

誰を呼ぶ?招待状の作成(4ヵ月前)

結婚式の4ヶ月前くらいから、両家のバランスを考えて招待客のリストアップを始めましょう。
必ず呼ぶ人、できれば呼ぶ人、二次会だけ呼ぶ人・・・など、細かくリストアップするのがコツ。
誰を招待するか決まったら、挙式の2.5ヶ月前を目安に招待状を発送し、1.5〜1ヶ月前には人数を確定させましょう。

最近では、正式な招待状を送る前の「Save The Date」と呼ばれるカードを送ったり、2人のウェディングHPを作成してゲストの出席をとるのも人気です。

招待状1部あたりの作成費用の平均は415円です。(ゼクシィ調査より)

二次会準備を始めよう(3~4ヵ月前)

二次会を予定している場合の準備は3〜4ヶ月前、招待客をリストアップするタイミングで始めましょう。

設定する二次会会費の平均金額は6400円。二次会会場に支払った総額の平均は39.9万円です。(ゼクシィ調査より)

幹事を決める

結婚する2人自らが幹事になったり、友人やプロにお願いしたり、幹事役は様々です。
友人にお願いする場合は、信頼でき、協調性があり、イベント好きな人にお願いしましょう。
幹事をたてる場合、1人だけだと負担が大きいため、2〜4人にお願いするのがベスト。
親しき仲にも礼儀ありです。心付けをお忘れなく。

丸投げはNG!

幹事さんにどこまでお任せするかはそれぞれ異なりますが、丸投げするのではなく、うまく幹事さんと連携をとることが重要となります。
会場や料理の手配は結婚する2人で決定する場合が多いようですが、当日の役割分担など幹事さんが困ることないよう、しっかりコミュニケーションをとりましょう。

ドレス?ワンピース?二次会の衣装

衣装は二次会の規模で決めると失敗しません。
広い会場で大規模な二次会をするならぜひドレスとタキシードを、少人数でアットホームな雰囲気なら華やかなワンピースやスーツがオススメです。
衣装をレンタルする場合は、返却日時場所延長料金などをしっかり確認しましょう。

Let’s DIY!ペーパーアイテムを作ってみよう(2.5ヵ月前)

招待状、席次表・席札など、全て披露宴会場に依頼すると10万円以上かかる事も。これらのペーパアイテムを手作りにする事で大幅な節約になり、2人らしさを演出する事もできます。

ペーパーアイテム作成用のキットなどを利用すれば、誰でも簡単におしゃれなペーパーアイテムを作ることができます。

一人当たりの席札の作成費用平均は173円、席次表平均は417円、プロフィールパンフレット平均は349円です。(ゼクシィ調査より)

会場の雰囲気の決め手!会場装飾と装花(2~3ヵ月前)

会場装飾

風船をたくさん浮かべてみたり、リボンをふんだんに使ったり、ストライプでコーディネートしてみたり。
もともとの会場の雰囲気から、ガラリと2人らしくデコレーションしてみてはいかがでしょう。

装花

ひとくちに装花と言っても、エントランス装花テーブル装花受付装花など、装花が必要な場所はたくさん。
装花は会場の雰囲気の決め手となるため、慎重選びましょう。
まずは予算ボリューム感全体的な色を決めましょう。花の種類は指定せず、造花やテーブルランナーを用いる事で予算を抑える事ができます。
会場装花と同時にブーケやブートニアのイメージを決めると、全体的にまとまりが出ます。
演出したいテーマにこだわりがあるカップルは、結婚式の2〜3ヶ月前から装花選びを始めることをオススメします。

会場装花費用平均は18.8万円、ブーケ費用平均は3.2万円となっています。(ゼクシィ調査より)

余興にブライズメイド。友人への依頼はOK?(2~3ヵ月前)

披露宴の余興やスピーチを友人にお願いするする場合はできるだけ早い段階で。結婚が決まったタイミングで食事をごちそうするなど、丁寧に依頼しましょう。また、会場設備やタイムテーブルなど、決定した都度伝えるようにすると、依頼された方も準備がしやすいでしょう。
最近では友人や親戚にブライズメイドグルームズマンをお願いするのも人気です。
結婚の報告のタイミングでお願いするのが無難ですが、式の3ヶ月前までにはお願いするようにしましょう。

プチギフトに引き出物。ゲストの立場で選んで(2ヵ月前)

2人の似顔絵入りの食器やイニシャル入りのタオルなど、「記憶に残るものを」と考えがちですが、受け取った側の意見は「使い道がない」など意外とシビア。
「贈りたいもの」ではなく「もらって嬉しいもの」を優先に、ゲストに喜ばれるギフト選びを心がけましょう。
また遠方から来るゲストのことを配慮し、持ち運びに困らず日持ちのするものを選びましょう。

1人あたりのギフトの費用は平均は6600円、プチギフトの平均は301円でした。(ゼクシィ調査より)

ゲストを退屈させない!映像演出(1~2ヵ月前)

自分たちでゲストを楽しませたいという傾向から、10年前は1割もなかった映像演出の人気が高まっています。

あまり多くの種類の映像を流すのは、披露宴全体の印象もだらだらとしたものになりがちなので、オープニング・プロフィール・エンディングから2、3種類がオススメです。

結婚式当日の映像をエンディングとして流す「撮って出し」サービスも人気。

会場に制作を依頼することも可能ですが、映像作成ソフトなどで自分たちで制作することで、思い出作りや節約にもなります。

一方でプロに依頼する場合ですが、人気のシネマトグラファーはスケジュールがすぐに埋まってしまうため、早めに押さえておいたほうがよいでしょう。

プロフィールビデオは新郎新婦の入場までの時間や、お色直しの時間など、ゲストが退屈しないために作っておく事をオススメします。

いずれも招待するゲストが決まる、結婚式の1〜2ヶ月前にとりかかるカップルが多いようです。

業者依頼費用平均は7.6万円です。(ゼクシィ調査より)

おもてなしの料理とウェディングケーキ(1ヵ月前)

ウェディングケーキ

披露宴の重要な演出のひとつであるケーキカット。
少し前までは入刀部分だけクリームでできた、背の高いイミテーションケーキが主流でしたが、最近は「ファーストバイト」を演出に含むことが多いため、食べられる生ケーキの人気が高まっています。
ウェディングケーキを特注する場合は、結婚式の1ヶ月前までには済ませておきましょう。

料理

多くの新郎新婦は料理が「おもてなしの要」であると考え、メニューを決める際には試食をしています。
大事なのは価格ではなく「質」「ボリューム」「構成」です。
高いコースだから満足、安いコースだからダメということはありません。
料理やギフトなどおもてなしのコンテンツは、演出とのバランスを考えましょう。
会場装飾や余興にお金をかけていても、これらが貧相だとゲストはげんなりしてしまいます。
祝福に来てくれるゲストへの感謝の気持ちを忘れないことが重要です。

一人当たりの料理・飲み物の費用平均は1万9200円です。(ゼクシィ調査より)

ハネムーンの準備も忘れずに(出発3ヵ月前)

2人の理想のハネムーンを叶えるためには、3ヶ月前までの予約がオススメです。

お土産を除く、2人の旅行費用平均は62.6万円となっています。(ゼクシィ調査より)

また、職場や友人への結婚の報告もこのぐらいのタイミングで報告するのがよいでしょう。
職場への報告は直属の上司から。結婚式に合わせて長期休暇を希望する場合は、早めに伝えておきましょう。

証人は誰にする?婚姻届を提出

戸籍上の正式な夫婦になるためには当然ながら婚姻届を提出しなければなりません。
「この日を記念日にしたい!」と張り切って婚姻届を提出しに行っても、不備があると受理してもらえません。
スムーズに、かつ思い出に残る入籍にするために、しっかりと確認を行いましょう。

届け出の際の持ち物

婚姻届1通
戸籍謄(抄)本
もとの本籍地でない役所に届ける場合
ふたりそれぞれの印鑑
不備があった際に訂正できるように

入籍の流れ

必要事項に記入して提出!簡単そうに聞こえますが、証人の署名や必要書類など、提出までには準備が必要です。

婚姻届を用意する
役所でもらってきたり、インターネットでダウンロードも可能です。
戸籍謄(抄)本が必要な場合は取り寄せる
本籍地以外の役所に提出する場合は必須。
証人2名に署名と捺印をもらう
両親、兄弟、親友。2人の結婚を知る20歳以上の人であれば誰でも構いません。
婚姻届に記入する 
間違えても修正ペンは使わないこと!
役所へ提出する
不備を指摘されたときのために印鑑を持って行きましょう。

いつ、どこの役所で?

婚姻届けは24時間年中無休で受け付けてもらえます。しかし、時間外窓口の場合は内容に不備があると受理されないため、入籍日にこだわる場合は窓口が開いている時間に出向くほうが安心でしょう。

婚姻届を提出できるのは、夫または妻の本籍地、もしくは、夫または妻の住所地(所在地)の役所。
所在地には、旅行先の宿など、一時的な滞在地も含まれます。つまり国内でリゾートウエディングをする人でも、挙式日に婚姻届を提出することができるのです。

思い出に残る入籍にするために

届け出の瞬間を写真や動画を撮ると、プロフィールビデオに使えたり、思い出にもなります。
婚姻届のコピーをとったり、より特別感を出すためにサプライズでプレゼントをする!というカップルも。

最高に輝くために!ビューティーケア(1~2ヵ月前)

ブライダルエステに通う場合は挙式1〜2ヶ月前の短期集中コースがオススメ。

ブライダルエステ費用平均は9.2万円です。(ゼクシィ調査より)

エステサロンの選び方は、自分の行きつけのエステサロンや、行ってみたいエステサロンがある場合は、そちらに相談してみるといいでしょう。心当たりがない場合は、結婚式を挙げる会場が提携しているところがあるか聞いてみるのもひとつです。

ブライダルエステのメニューは、当日着るドレスの写真持参で、背中や腕、デコルテなど露出部分に合わせたメニューを検討するのがオススメ。また、化粧品のアレルギーなどがある方は、事前に担当者と相談しましょう。

エステサロンによっては、新郎新婦が一緒に受けられるサロンも。男性は普段特別なお手入れをされない分、1回だけでも肌の状態が見違えるようによくなります。

また、ヘアメイクのリハーサルもこのタイミングで行っておくと、挙式当日にイメージ通りの演出ができるでしょう。

挙式のヘアメイクは、神聖なセレモニーにふさわしい、清楚で正統派のヘアメイクが好まれています。お色直しや二次会では思いっきりイメージを変えて、ギャップを楽しんでみてはいかがでしょう。

感謝の気持ちをまとめて(1~2週間前)

結婚式は家族や友人に感謝の気持ちを伝える場でもあります。
結婚式の式の1〜2週間前ぐらいから、花嫁は家族へ宛てた感謝の手紙を、花婿は両家を代表してゲストに感謝の気持ちを述べる謝辞の準備をしましょう。

花嫁の手紙

まずは話したいエピソードや感謝の言葉を書き出して。
締めには、今後の決意、新郎の親へのお礼をいれることで、感謝の気持ちがより一層伝わります。

下書きができたら音読し、読みにくい言い回しはないかなどをチェックしたのち、清書を行います。ゲストの前で読むお手紙ですし、読んだ後は親御さんに渡すので、素敵な便箋と封筒を選んでください。

花婿の謝辞

花婿の謝辞も、事前に原稿をつくって読む練習をすることをおすすめします。ただし、本番は原稿なしでキメたいもの。「暗記」というより、事前に用意をしたものをベースに、その場で伝えたいと思ったゲストへの感謝の気持ちを盛り込んで話すと、より想いが伝わります。

最後は「本日はありがとうございました!」とはっきりと伝え、深くお辞儀を。最後のフレーズがはっきり伝われば、「終わりよければすべてよし」と言われているとおり、全体の印象も素晴らしいものになります。

結婚式当日を楽しんで

当日はバタバタと落ち着かない気持ちのまま結婚式を迎えることがないよう、時間に余裕をもった行動を。
会場に到着したら、まず当日お世話になるスタッフたちに笑顔であいさつをしましょう。あいさつをすることでスタッフたちとの距離感が縮まり、居心地のよい空間になるはずです。
身だしなみの準備が整ったら、笑顔と心の準備を忘れずに。2人で今日をどんな一日にするかを決めましょう。

素敵な夫婦に見られるためには

素敵なドレスも猫背では台無しです。座るときもお辞儀をするときも、伸びた背筋美しく開いたデコルテを意識しましょう。
新郎の「エスコート」も重要なポイントです。新婦をやさしく気遣う新郎の姿に、ゲストは「2人の幸せ」感じます。エスコートをする際のコツは、新婦の動きに新郎が合わせること。新郎は新婦から1メートル以上離れないことを心がけて。

初対面のゲストに好印象を

相手方の親族や上司など、初対面の人にとっては、その日のあなたの第一印象が、一生の印象になることも。挙式・披露宴の日は、常にゲストの方々に見られています。お開きになって衣裳を着替えるまでは舞台の上にいるつもりで、美しい言葉づかい立ち居振る舞いを。普段から意識することを心がけましょう。

どんな家庭を築きたいか話し合う

2人の生活はやっとスタートラインに立ったばかり。「幸せな結婚生活」はコミュニケーションをよくとることからはじめましょう。

幸せのイメージを共有

笑顔が絶えない家庭、子供は3人、10年後には家を建てて・・・2人でどんな幸せを築きたいのか話し合いましょう。これまで異なる環境で生活してきた2人なので、幸せの定義は異なるかもしれません。イメージをしっかり共有することが大切です。

お互いの違いを尊重する

育った環境がちがうのだから、考えがちがうことがあって当たり前。一緒に生活をすると今まで気付かなかった違いに気がつき、戸惑うこともあるかもしれません。

しかしそれを受け入れることで、ひとりではできない体験ができたり、世界が広がったりするものです。お互いの違いを楽しめると、一緒に過ごす時間がより楽しくなるでしょう。

感謝の言葉を忘れずに

2人でいることが当たり前になっても、あいさつや感謝の気持ちを言葉で表現しましょう。
ケンカしても「おはよう」「おかえり」などのあいさつが仲直りのきっかけになることも。どんな時でも、笑顔のあいさつを忘れないようにしましょう。

また、一緒にいることに慣れても、小さなことも当たり前にせず、「ありがとう」を伝えること。「ありがとう」を言う数だけ、幸せな家庭になるでしょう。

落ち着いた気持ちで「後撮り」

バタバタして前撮りしなかったり、結婚式当日の写真は良いショットがなかったり。
そんな時は後撮りをおすすめします。

結婚式で着なかった和装やカクテルドレスを着たり、ハネムーン先で撮影したり。挙式前よりも落ち着いた気持ちで撮影にのぞめると、後撮りは意外に人気です。

結婚式から1〜2ヶ月以内に撮影できると、2人の初々しさが残った写真になるでしょう。

お祝いのお返し。「結婚内祝い」って?(挙式後1ヶ月以内


結婚内祝いとは、結婚のお祝いをいただいた方への「お返し」となる贈り物で、結婚式にお招きできなかった方などへ贈るのが一般的です。ただし、披露宴を行わない場合も、お祝いをいただいたら内祝いを用意しましょう。

贈り物には、明らかに安いとわかる品を用意したのでは相手をがっかりさせてしまいます。逆に奮発しすぎても、恐縮させてしまいかねません。いただいたお祝いの半額程度の品物を用意するとよいでしょう。
また、内祝いは「無事結婚しました」という報告の意味も兼ねているため、結婚式の後1ヶ月以内に贈ることを心がけましょう。
いただいたお祝いにより、種類を揃えなければならない内祝い。挙式前後は慌ただしいので、早めに準備することをオススメします。

感謝の気持ちを込めて。結婚報告ハガキ(挙式後2ヶ月以内)

住所などが変わったり・名字が変わったりしたのであれば報告するのがオトナのマナーです。
式に招待した友人も、そうでない人たちにも、結婚報告ハガキを送りましょう。

業者に依頼するのもよし、最後まで手作りにこだわりたければ自分たちで作成するのもよし。

結婚式当日の写真を使うと当日の様子が伝わって◎

式が終わってから2ヶ月以内に作成&投函しましょう。

郵便費用を除く、結婚報告ハガキ作成費用の平均は1.3万円となっています。(ゼクシィ調査より)

おつかれさまでした♡

段取りを25ステップ書き出してみると、やるべきことは盛りだくさん!

結婚準備は家族になる二人にとって、本当の意味ではじめての共同作業です。

思いやりと感謝の気持ちを忘れずに、素敵な結婚式を♡


Lilo

Lilo

童話が好き! お日さまが好き! ダリアの花が好き! いつか大好きなものを集めて、ハッピーでファンシーな結婚式を挙げたい♡ せっせと集めた、オススメの情報を紹介します♡