ヘアメイクリハーサルは必要!!『二法田サトシ』さんのメイクカタログで思い通りのイメージに♡

2015.12.14 お金・段取り

最高の結婚式にするため今まで準備万端に整えてきたのに、当日のヘアメイクが気に入らない仕上がりだったら・・・。自分に自信が持てないと笑顔でいられなくなりますし、みんなに笑われてしまうのではないかと、落ち着かなくなってしまいますよね。そんな失敗を防ぐために、ヘアメイクリハーサルで思ったイメージを伝えましょう!

ブライダルで も「ナチュラルメイク」が主流の昨今、リハーサルメイクをしたときに「え!!?」とびっくりされる方もいると思います。「これがナチュラル?」と。でも、 ブライダルメイクといつものメイクを同じように考えてはいけません。

ウエディングドレス姿は、普段着とはまったく違いますよね!ボリュームもありますし、ゴージャスで、キラキラで、ふわふわで、華やか。試着に行く とわかると思うのですが、普段のメイクのままでドレスを着ると、どうも顔がパッとしなくてアンバランス……。そう、それで当たり前なんです。だから、多少「濃い!」「盛りすぎ!」と思われることもあるでしょう。実際にウエディングドレスを着て みると、しっくりくることもあります。普段着でリハーサルメイクを受けたときには、その違いについて知っておくと、不必要なびっくり!を避けるこ とができます。

自分のイメージを伝えるために、希望イメージのお写真は必須。
そして、ヘアメイクリハーサルはメイクが少しでも気になるという方であれば、絶対におすすめします。

今回ご紹介するのは、ヘアメイクアップアーティスト『二法田サトシ』さん。
Happy Wedding HAIR&MAKEUP ORDER BOOK ハッピー ウェディング ヘアメイクブック』という本も出版しております。

出典:http://tumblr.com

二法田サトシ faccie ファシー

Hair&Make upアーティスト 東京を拠点に雑誌、広告、 タレントなどのヘアメイク、 ブライダルのヘアメイク、 オリジナルヘッドドレスの 製作、化粧品のアドバイザーなどをして活動。

女性誌のファッションページ、広告、歌手、タレント、アナウンサーなどを中心にキャリアをスタートさせる。
近年では、「ゼクシィ」「CLASSY Wedding」「MISS Wedding」を始めとしたウエディング雑誌の撮影のほか、「THE TREAT DRESSING」を中心としたウエディングドレスショップのカタログ撮影、ブライダルサロンでの講習やTV出演など、幅広く活躍している。個性を活かしたナチュラルなヘア&メイクアップから、つくり込んだエレガントなものまでのすべてを網羅。

出典:http://faccie.co.j

二法田サトシさんのブライダルメイクを見ていきましょう!

一見ナチュラルメイクの花嫁様。
たしかに、がっつりアイシャドーと真っ赤なリップ、チークは濃い目に・・・というメイクはあまり見ないかも。
でも、実は花嫁様は、ポイントを押さえたしっかりメイクがピッタリなんですよ。

ポイントはアイライン!一見ナチュラルだけど、目元は鮮明な黒いラインがおすすめ!真っ白なドレス、華やかなヘアスタイルに負けないように、カラーはナチュラル、でもアイラインとマスカラで、目元はしっかりキメて♪

出典:http://faccie.co.jp

つけまつ毛は普段つけられない方もいますよね。少し違和感があるならまつ毛エクステもおすすめ。

 

出典:http://faccie.co.jp

チーク、リップを可愛いピンクで仕上げてとってもキュートなイメージに。

出典:http://faccie.co.jp

優しくエレガントな大人メイク。

出典:http://faccie.co.jp

ヘアスタイルもまとめただけなのに、メイクの仕方でこんなにも魅力的。

出典:http://faccie.co.jp

色味をベージュで整えることで、一気に洗練された大人な雰囲気。

出典:http://faccie.co.jp

花冠とのバランスを考えて。オレンジでヘルシーに演出。

出典:http://faccie.co.jp

出典:https://pinimg.com

女性をきれいに見せてくれる大人可愛い赤色。赤色が強くなりすぎると、そのパーツだけ浮き上がってしまいそうで、使いこなすことが難しいけれどもばっちり決まっています。

出典:http://faccie.co.jp

こちらもカラーレスメイク。ナチュラルで優しいイメージが倍増。

出典:http://faccie.co.jp

日本女性は黒髪が多いですが、黒髪でもメイクをしっかり合わせればこんなに素敵なイメージに。

出典:http://faccie.co.jp

和装メイクも悩みどころ。和装は衣装が強いのでしっかりあわせましょう。

出典:http://faccie.co.jp

ピンクの印象は「優しさ」や「幸福感」です。穏やかで優しく、温かい雰囲気を出すことができる色です。

出典:https://pinimg.com

シンプルでオーソドックスなヘアスタイルが改めて可愛い。

出典:http://faccie.co.jp

自然にとけこんだ雰囲気のアレンジ。

出典:http://faccie.co.jp

濃すぎず、薄すぎない「コーラルピンク」。人気のお色味です。

 

自分のイメージを伝えることが大切です♡

「ナチュラルメイク」という言葉。

たとえば同じ「ナチュラル」といっても人によってどのくらいのメイクがナチュラルなのか違ってくるもの。もっと濃いめに、もっと薄めに。もっとかわいい系で、もうちょっと大人っぽく…。

「かわいい」「おとなっぽい」同じ言葉でもそのイメージは人によって違います。
メイクにおいてどうしてほしいのか、具体的な言葉で伝えましょう。

「目を丸く見せたいので中央のアイラインを太くひいてください」
「顔が濃く見えるのは嫌なので、ノーズシャドウは使わないでください」など。

あれこれ注文をつけるのはわがままかな?と躊躇するかもしれませんが、本当に満足いくメイクができるかどうかはあなたのこの注文にかかっています。妥協せずとことん伝えましょう!!


ayr

ayr

Wedding Planner*ウエディングって素晴らしい!いろんなアイディアもっともっと広げていきたい!素敵な結婚式を…?