ハワイウェディング♡【チャペルとチャーチ(教会)】の違いって何?

ハワイウェディング♡【チャペルとチャーチ(教会)】の違いって何?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

【チャペルとチャーチ(教会)】。

名前がそっくりなんだけど、違いって一体何なんだろう。。。ハワイウェディングの計画を立て始めたプレ花嫁が初期に必ずぶつかるこの疑問。

本日はこの2つの施設の違いについて、細かくご説明いたします!

チャペルとチャーチ(教会)…一体何が違うの??

答えは宗教施設か否かの違い!

★ハワイ

 

チャペルとチャーチ(教会)。

名前がそっくりなので、なんとなくイメージを混合していませんか? もしくは、なんとなく違うのはわかるけれど、何が違うか具体的にはわからないプレ花嫁様も多いハズ。

 

簡潔に言ってしまうと、最大の違いは宗教施設か否かの違いになります!

しかし、それ以外にも特徴や仕様など所々違った点が存在しているんです。

 

今回はチャーチ(教会)・チャペル、それぞれの違いや特徴、メリット・デメリットについてもっと掘り下げてみましょう♡

 

チャペル:誰でも気軽に挙式ができる結婚式専用の施設。

こじんまりしていて可愛らしい♡宗教色はほぼ無く、国内大手P会社が運営している


出典:http://first-wedding.net
チャペル名:ダイヤモンドヘッド・アネラ・ガーデン・チャペル

基本的にハワイのチャペルは全て日本に本社がある大手ウェディングプロデュース会社(国内大手P社)が運営・他社に貸し出しをしています。

 

企業が運営している施設なので、建物に宗教色はありません。

そこが教会と全く異なる点です。

※式は牧師さんを呼んでキリスト教式を取りますが、どの宗教の方でも気軽に挙式が可能です。

日本人好みに建てられたガラス張りの祭壇や、シャンデリアが施された素敵なチャペルの他にも、敷地内には挙式~ビーチ(ガーデン)撮影~レセプションパーティまでウェディングに関する全ての施設が併用されているケースが殆ど。

 

立地もリゾートらしい見晴らしの良い場所にあるので、新郎新婦だけで無く、ゲストも絶対に感動するはず♡♡

 

結婚式のために作られた施設なので、いずれは無くなってしまう可能性がある点と、費用が若干高めな点を除けば最高の式場といっても過言ではありません!!

 

チャペルのデーター

建てられた目的:挙式をするための教会型の商用施設

ロケーション:多くのチャペルは最高のロケーション♡オーシャンフロントや緑豊富なガーデンなど【the ハワイ】を存分に感じられる場所にある。そのためワイキキから離れたチャペルが多い。

収容可能人数:25〜40名程度

内観・外観:ガラス張りで青い空・青い海を目の前に臨むことが出来たり、開放感がある作りになっている

メリット:空調が完備されているので、汗によるメイク崩れや、のぼせる心配が無い。ブライズルームやガーデン、バンケット併設など、ウェディングに必要なものが完全に敷地内に揃っている。全ての面でゲスト受けが良い。
宗教色が無いので、どんな人でも挙式が可能。式場がこじんまりしているので少人数の挙式でも寂しく感じない。

デメリット:商用施設なのでいずれは無くなってしまう可能性がある。”ツクリモノ感”を嫌がる人もいる。
全体的に可愛らしい式場が多いので、可愛い系が苦手な方には敬遠され気味。
挙式費用が他の式場に比べて高い。ウェディングケーキ、ドリンク、バンケットでの食事すべてが高めの設定。
比較的どのチャペルもホテルが密集しているワイキキから離れているので、締め付けが強いドレスを着ていると車酔いする可能性も。心配な方は事前に薬を用意しましょう!

 

代表的な式場

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ
出典:http://watabe-wedding.co.jp

ザ・テラス バイ・ザ・シー
出典:http://takami-bridal.com

セントカタリナシーサイドチャペル 
出典:http://hawaii-gloria.com

パラダイスコーブ・クリスタルチャペル出典:http://www.hii.jp
ライター♡Chica♡のウェディングレポート→【パラダイスコーブ クリスタルチャペル】Fairy Tail Wedding ‐結婚式の実体験インタビュー

式場選び参考記事:
ハワイウェディング♡チャペル編【直営の会社はどこのP会社??part.1】
ハワイウェディング♡チャペル編【直営の会社はどこのP会社??part.2】

 

チャーチ[教会]:結婚式専用では無く、完全な宗教施設。

歴史ある荘厳な作り。良心的な価格。プロテスタント系なら信者以外も挙式が可能。

チャーチ《教会》は地元の信者さんが通うキリスト系の宗教施設になります。
つまり、本物の教会です! 大聖堂といわれる施設もこちらに属します。

結婚式専用の施設ではないので、普段は地元の信者が集まって礼拝や儀式を行う場。

基本は地元信者の為の建物なので、街中にある事がほとんど。
そのため周辺のロケーションは期待出来ませんが、ワイキキから近いのはとても嬉しい!

100年以上の歴史を持つステンドグラスが荘厳な大聖堂や、本物のパイプオルガンの音色が感動的な挙式を演出♡

チャペルには無い重厚感を感じる事ができます!

日本人が挙式可能な教会は、信者以外も挙式できるプロテスタント系がメインなので、あまり厳しい制約は無いけれど、教会によっては挙式直前にキリスト教に関する学びの時間(短時間)が必要だったり、牧師さんのお説教や懺悔の時間がある場合があります。

 

私の知人の花嫁さんは、牧師さんにキリスト教に関する質問をたくさんされたり、旦那様の前で過去の離婚について色々つっこまれたそうで複雑な心境のまま式をしたんだとか^^;

毎回必ず聞かれるわけでは無く、牧師さんによるそうなので、もし懺悔に心当たりがある方は事前に回答を考えておくか、チャペルやホテル式にした方が余計な心配をしなくて済むかもしれません☆ 全く聞かれない教会もあるはずなので、その点はP社に相談してみましょう。

 

教会式の最大の難点は空調整備がされていない所が多い事。
準備中はすっかり忘れているのですが、ハワイは常夏の島
暑さとドレスの締め付けが原因で貧血を起こす花嫁様も結構いるそうです。

空調設備が無い場合は、叩くと冷えるタイプのアイスノンを持参する・こまめに汗を拭いてメイクのヨレを予防するなど対策を考えておくのが◎

 

チャーチ(教会)のデーター

建てられた目的:地域の信者が集まって礼拝や儀式を行う宗教施設。

ロケーション:信者の方が集まりやすいように、街中で交通の便が良い所にあるものが多い。

収容可能人数:200~1500名

内観や外観:ウッド調でナチュラルな雰囲気が人気の教会や、華やかなステンドグラスが一面に施されている教会、ヨーロピアンテイストで重厚感のある大聖堂まで個性豊かな会場が揃う。

メリット:本物の教会なので独特の雰囲気があり、改築はあっても後々取り壊される心配は少ない。
チャペル式より低価格で挙式ができる。教会はどこかのP社が運営しているわけでは無いので、様々なP社がプロデュース可能となっている。

デメリット:信者の利便性を優先されている為周りの景観には期待できない場所が多い。
長い歴史がある教会が多いので、霊感の強い人にはキツい場合もあるみたい!!
空調が完備されていない教会が多く、熱帯気候の中でドレス・タキシードを着るのは結構キツい。
日曜日の午前中は礼拝があるので原則挙式不可。

※教会は夫婦のどちらかがキリスト教以外の宗教に熱心な家庭だと実家の家族に反対される可能性があります。 その場合はプランニングに入る前に一度家族にも相談をする事をお勧めします。

 

代表的なチャーチ(教会)一覧

セント・アンドリュース教会大聖堂

出典:http://www.hii.jp

キャルバリー・バイ・ザ・シー教会
出典:http://www.hii.jp

セントラル・ユニオン教会 大聖堂

式場選び参考記事:
http://blesswedding.jp/19436

 

各式場の特徴をしっかり把握して、自分にピッタリな式場を探してみよう★

いかがでしたか?^^

このように、チャペルにも教会にもプラス面・マイナス面があります。

ハワイは外国なので簡単に下見に行くのが困難ですが、どちらの面も把握した上で慎重に式場選びをすれば、当日に『こんなはずじゃなかった…』となる事を回避できると思います!!

まずは、式場を決める前に先輩花嫁さんのブログ記事を読んでみたり、インスタグラムを上手に活用して情報収集をしてみて下さいね♡♡

 

この記事が気に入ったらいいね!してね

chica♡

chica♡

Weddingnews・BLESS編集部エディター。 5歳児のママ。 成人してから毎年訪れている大好きなハワイ。 そんなハワイで自分らしいこだわりをギュっと詰めてた結婚式をあげました♡ 自身の経験の他に、プレ花嫁時代に知り合った沢山の花嫁仲間達と、業界関係の友人達の話を元に【リアル】なウェディング情報を発信します♪

週末お得フェアニュース

その他の式場を探す

その他のウェディングスタイルの記事